読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

≪人生棚卸≫ずっと気になっていた「中島みゆき」さんのあの曲

こんにちわ、SUMIKICHIです。

人生棚卸のお時間です。

皆様には、心に引っかかっている曲ってございますか?

ずっとやりたかったコト(別の記事に掲載済)のひとつに、‘歌うたい’というのがありますが、現時点では、何から手をつけるか頭の中でぐるぐる思案中。とりあえず、とにかく歌いたいと思った曲は声を出していこうと思った時、ふとあの曲を思い出しました。歌手は、中島みゆきさんです。

 

中島みゆきさんを知ったのは、中学2年生。当時は、山口百恵桜田淳子森昌子の中三トリオからピンクレディ全盛期の時代。そんな中、親友から教えて貰った「わかれうた」を聴いて衝撃を受けました。こんな上がったり下がったりのジェットコースターみたいな歌があるんだと。それに、なんかマイナーだし。けれど、面白くてよく歌っていました。
その後「時代」を知り、今ではカラオケ(大勢では滅多に行かない)の定番で一番最初に歌う曲になっています。
しかし、特別にファンになることはなく、あの容貌と暗めな濃い曲、歌い方、トーク内容のギャップについていけなかったのかな。

話を進めて、その中島みゆきさんのあの曲というのは・・・

1980年放送、武田鉄也主演「3年B組金八先生」第2シリーズ。「非行」「校内暴力」をテーマにした「腐ったミカンの方程式」は有名だと思いますが、確か最終回手前の放送で、理由あって他校の教室に立てこもり問題を起こした不良少年の転校生・加藤が警察に補導されるシーンで、スロー画面になると同時に流れてきた曲に衝撃をうけました。まるで不条理という言葉が音符になって流れ出るかのよう。
この歌、歌いたい!と思った瞬間でした。どこで?

後に調べると「世情」というタイトルでした。今でもずっと脳裡から離れなくて、いつかワイワイ楽しむカラオケではなく、ギターの生伴奏で歌えたらなと思ってきました。まっ、ほとんど忘れてましたけど。
歌えば?そうなんですよ、上手く言えないんですが、歌う場所を探してたんですよね。


時は過ぎ、現在早期退職してずっとやりたかったコトを片っ端しから実行したいので、あまり考え込まずに、まずは、ずっと気になっていた中島みゆきさんの「世情」にしよっかなと思いましたが、時間もたっぷりあるので他の曲も聴いてみることにし、アルバムをレンタルいたしました。全部ではないですが、ほぼ揃ったかなと思います。

       f:id:sumikichi52:20160806072602j:plain

f:id:sumikichi52:20160806072552j:plain f:id:sumikichi52:20160806072541j:plain

一曲ずつ視聴した結果、すぐに引き込まれたのが「命の別名」。今の自分の心情に重なるんですね。

                                勝手に作っちゃいました

f:id:sumikichi52:20160811113415j:plain

                            作詞・作曲 中島みゆき 一部引用

この曲の事を調べてみると、知的障がい者の哀しく過酷な実話をもとに描いたドラマ「聖者の行進」の主題歌だったんですね。知りませんでした。自分の心情に合うなんて失礼な事を、すみません。自分のキャラと太くない声質を考慮するとちょっとミスマッチかなとは思うのですが、昔から抱いて来たよくわからないものを昇華させたいので、闘病中にお見舞いに来て下さったご夫妻の旦那様にギターを弾いて頂き、歌わせて貰うつもりです。この秋、島の浜辺で、私とご夫妻だけで。「世情」も弾いて頂けるかお願いしてみよっかな。

本当は、いきものがかりコブクロ小田和正さん、高橋真利子さんとかがポピュラーなのかなとは思うんですけどね。あっ、私、特別歌が上手いわけでも、魅力的な声でもなくただの歌好きのおば様でございます。

 

SUMIKICHIさんって、どこに向かってるの?
う〜ん、まずは、自己肯定・・いえ、自己満足ですかね。50歳過ぎると青春時代にやり残したコトを損得勘定抜きで無性にやっておきたくなるようです。あまり誰も訪れない日記ブログでも公開しているという意識はあるので、ズボラな私でもこうして書いておくときっと行動すると思うんですよね。

まずは、曲を完全マスターして歌詞を覚えるぞ!

リオオリンピック中継に刺激されちょっぴりモチベーションアップの今日この頃でございます。漫才ネタも考えなくてはならないし、ちょっと手を出し過ぎでございます。

日々感謝です。