読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

本日は、ほんの少し退職後の恐怖を感じた日でございました。

こんにちわ、SUMIKICHIです。

本日20日。会社員の頃は、毎月20日の午前中にはお給料が振り込まれており、それが当然だと、いえ、そのこと自体に何も思った事はございませんでした。思ったとしても、あら、今月は減ってる?あっ、先月残業してなかったなぁ、くらいのことです。それが!通帳記帳後、しっかり確認したら、「振込額ゼロ」、やはり振込無し。覚悟しててわかりきった事なのに、いざ現実として受け止めざるをえない状況に立つと、さぁーっと寒くなりちょっぴり恐怖でしたね。そういえば、5年前の病気療養中の手当期間が過ぎた一ヶ月だけゼロの時がありまして、その時も同様に恐怖でした、もし会社を辞めたらこういう感覚なのね、と。ですから正確に言いますと二度目ですが、今回のは逃げ場のない恐怖。机上の計算では計り知れないこのリアルな感覚。

 

さらに、追い打ちをかけるように、退職したので社会保険料一括納付とやらのため20数万円を銀行窓口で支払った後、通帳残高確認して、また、さ、さぁーっと恐怖。いや、当然なんですよ、わかってますよ、でも、体感するとね、しっかりしなくちゃと思うわけです。入金ゼロで、出金20数万円、残高減。今後、減、減、減しかないのですね。あっ、少しの期間失業手当で増がありますね。

 

経験者の皆さんの心中お察しいたします。でも、早期退職上乗せ分と退職金とを頂戴しているのでまだまだ有難い事だと思っています。人は、この残高を減らさないように投資運用するわけですね。私がやると必ず破滅に向かうし、それに一生懸命になり退職した理由から逸れて行くのでやりません。一瞬恐怖と闘い、気持ちを引き締め直しまして、こうしてパチパチ、日記ブログにリアル感覚を打っております。「なぜ辞めるのか」をしっかり骨身に染み込ませておけば、下を向きそうになった時に、立ち直りが早く前を向きやすいかもしれませんね。といいましても、まだまだ序の口で、これからもっと大きな困難が待ち受けているはずです。もし最悪そうなってもいいように「今日も、生涯の一日なり」と思って今を大切にして行きます。こうして、パチパチ打っている時も私にとっては大切な時間です。社員時代では考えられないですよ、自分の想いを好きな時(ここがポイント!)に自由に表現できるなんて。確かに、会社でも自分を表現する場はいくらでもありましたが、仕事用です。それはそれで勉強になりましたし、社会性も身についた(ホント?)と思っていますので感謝しかありません。ブログは自由で楽しいのですが、ただ、・・・デスクや上司など第三者のチェックが入らないので、慣れるまでちょっと不安ですね。誤字脱字はもちろんのこと考査的にも・・・って、まだ会社員時代の癖が抜けてません!給料振込ゼロにもこの癖にも、慣れるまでしばし時間が必要ですかしら。

穏やかで自由な日々に感謝です。

 

のどかな風景のひとこま、「アップはないの?ラベンダー」

   f:id:sumikichi52:20160720114003j:plain※デジカメの取説見直します。