読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

TVドラマ「地味にスゴい!校閲ガール・河野悦子」初回を観て。

TV番組 読書 日々のコト

こんにちわ、SUMIKICHIです。

秋の民放地上波のレギュラーTVドラマがぽつぽつスタートしましたね。このクールで観ようと思っていました「地味にスゴい!校閲ガール・河野悦子」初回が昨夜放送され、想ったコトを綴ってみます。

「校閲ガール」は、シンプルに“校閲”に興味がありましたので観ようと思いました。お恥ずかしながら、校正や考査は以前の職業柄知っていますが、校閲って馴染みがなく、ドラマ「家売るオンナ」で登場した校閲の仕事をする女性を観て気になっておりました。原作は、宮木あや子さんの「校閲ガール」シリーズ。そのような著書があることも存じ上げておりませんでした。

“校閲”は、原稿の誤字脱字や内容の間違い、矛盾がないかを確認する超地味な作業とのことですが、校正と何が違うんだろうと思いましたら、校正をした上で、さらに内容の矛盾を確認することのようですね。

        f:id:sumikichi52:20161006111538j:plain

 この“校閲”そのものに興味津々の私は、ドラマのストーリー、構成、出演者等々には一切の不満は現時点ではございません。俳優さんに関しては、石原さとみさん、可愛いよね、早口の台詞まわしが似合うよね、でもだいたいどのドラマも早口なのね、久しぶりに拝見した岸谷五郎さんは相変わらず面白いですね、菅田将暉くん、ホントよく見かけますね、そういえば「35歳の高校生」で初めて観た時なぜか印象に残る青年だったよなぁ、息切れしないように頑張ってね、と母(子無しですけど)のような気持ちで観てました。
全体的には、最近の女性のお仕事ドラマの主人公は、元気で強くて自分の意見がはっきり言えて、その分真っ直ぐに頑張って、というタイプが多いのかなと思います。時代を反映しているのか、そういう女性像を時代が求めているのか私にはわかりませんが、ドラマとして観ると、言いにくい事をスパっと台詞にしてくれてスッキリはするんですよね。けれど、心しておきたいのは、自分が正しいと思う事に一途に突き進むのは大事だと思いますが、それを受け止めてくれる器の大きな人がいてくれてこそだと。今回でいえば大御所作家さんでしょうか。上司も。

また、家の模型を見た時に、ドラマ「鍵のかかった部屋」を思い出しまして、手間をかけてらっしゃるのね、と裏方仕事に頭が下がりました。こういう些細な部分を丁寧にすることは物事の質を上げますよね。ん?既製品?他は、コントみたいな要素もあって楽に観れて楽しかったですね。

       f:id:sumikichi52:20161006111541j:plain

本題の“校閲”。ブログを書くのがちょっと怖くなりました。嘘うそ。突っ込みどころ満載ですよ、私の文章って。「です・ます」調かと思えば断定口調にしたり、何人だったり何名だったり、まるで別人が書いてるみたいな。“満天の星空”的な重複表現は当たり前のように随所にあると思いますし。何が書きたいのかわからないっていうのは別問題ですけどね。そもそも、校閲して頂けるほどの者ではございませんね。
しかし、間違いをチェック出来るなんて、まさしく地味にスゴい!あっ、この“地味に”っていうのが最近では“じわじわと(スゴい)”“思ったより(スゴい)”という風に使われるらしいですね。古来から継承されてきた美しい日本語が崩れて行く感ありますが、時代とともに人間の感覚も変化するので仕方のないことですかね。でも、あらっ?本来は合わないこの斬新な組み合わせにするとより気持ちが伝わるんじゃない?って使われる言葉も、もともと存在している単語の組み合わせを変えてるだけなのでオリジナリティがあるかといえばそうでもないような気がします。

       f:id:sumikichi52:20161006111540j:plain

私は、店頭に並ぶ本や地上波TVニュース・ドキュメンタリー番組の情報(今回は言葉などの表現方法について)を全てではないですが、ほぼ信じてしまいます。それは、考査や校正・校閲を潜り抜けて世に出されていると思うからです。美しい日本語が時代とともに崩れて行くのも仕方がないのかなと前述しましたが、このあたりのバランスを上手くとってくれているのが言葉に携わるお仕事をされている方達なのかなと思います(あっ、決定権等々は別のところですね)。以前三浦しをんさんの「舟を編む」(これは辞書編纂のお仕事)も読みましたが、言葉に一生を捧げるなんて、なんて地味にスゴくて贅沢なことなんでしょうか。言葉コンプレックスを抱きつつ憧れてやまない私でございます。

また話が脱線いたしました。

このドラマについては、毎回出てくる“校閲”の例に注目して視聴しようと思います。あっ、また、“観る”にしたり“視聴”にしたり。自分では変化といいますか、飽きないために変えてるんですけどダメなのかな?えっ?まず文章教室に行け?そうですね。恋愛部分には全く興味がありませんので触れません、今は。

        f:id:sumikichi52:20161006111539j:plain

日々感謝です。