読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

本日は、ちゃんとハローワークへ行ってきました。

こんにちわ、SUMIKICHIです。

昨日とは打って変わって朝から雨です。雑草抜きしようと思ってたのに、残念!

f:id:sumikichi52:20160708181612j:plain f:id:sumikichi52:20160708181633j:plain     

       f:id:sumikichi52:20160708181622j:plain

うじうじしていたら、また先延ばしにしそうなので、重〜い腰をあげて午前中から出かけました。ハローワークに!

会社から届いた離職票1と2、写真3×2.5サイズ2枚(1枚は離職票1に貼付)、失業手当振込口座の通帳、運転免許証などの身分証明書を持参。この地区では、午前中なら比較的人が少ないらしくラッキーでした。受付で、離職票1を提出、手渡された求職申請書とアンケートに記入、求職者登録、窓口が替わって離職票2提出、今後のスケジュール説明、一日あたりの給付額確認、最後に雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり受け取り、などが一連の流れ。次回指定された説明会の日時に必ず出席とのこと。そこで2時間ほど失業手当支給に関する説明を受け申請すれば雇用保険受給資格者証がもらえ、次の失業認定日に出席して初めて待期満了から認定前日までの日数分の基本手当が後日振り込まれるらしいです。すみません、説明下手。7日間の待期と3ヶ月の給付制限とやらで、その間は支給されず、本日届け出たからといって即振込ではないのですね。順調に進めば、一回めの支給が10月末頃でしょう。それまで、貯金切り崩しです。いよいよ厳しい現実と向き合うわけで、今月20日の給料日に振込ゼロを見て恐怖を味わうのです。怖っ。私の場合は、職が見つかるまで申請すれば最大150日分まで申請できるのですが、4週間に1回指定日時に出席し、毎回申請作業をするようになるらしい。その間職が見つかれば、失業手当は打ち切りになりますが、条件によって再就職手当が支給される場合もあるそうです。何やらごちゃごちゃしていて大丈夫かな、私、と思うのですが、とにかく、指定日時には必ず行きます。本日は一時間も滞在していなかったかな。親切な方たちばかりでほっとしました。働き方については、後日別記事にしてみます。

       f:id:sumikichi52:20160708181643j:plain

ちょっと気分転換に、ひっさしぶりにショッピングモールに立ち寄り、お好み焼きを食べてしまいました。とほほ。

       f:id:sumikichi52:20160708181601j:plain

しかし、着々と手続きを済ませる自分を頼もしく思いご機嫌で帰宅し、雨が降っているのに、土間でアロマしました。ご褒美です。

       f:id:sumikichi52:20160708181551j:plain

本日の貧相夕食は、そうめんと三日続けてのゴーヤチャンプルーです。

f:id:sumikichi52:20160708200018j:plain   f:id:sumikichi52:20160708200032j:plain

ひとつ心配事を済ませてご機嫌な一日でした。感謝です。