今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

図書館で借りた書籍記録⑱&耳栓ウォーキング

そろそろブログ更新しておこうかと。

またまた憂鬱な出来事があった。Kくんの家賃滞納&私が立替払い事件、いや、事件ってのもヘンか。なかなか職が定まらず。プライドだけは高いようだ。どうしてああなのかなぁ・・私の育て方が・・って、私の子供でもなんでもなく、弟ってだけでここまで面倒をみなければならないのか、50代にもなってなぜに?なぜに?

こんな時のために年明けからパートで働き出したというのもあるが、自分の生活費補填というのが目的の優先順位1位なのにな。ずっと手を差し伸べ続けられるわけではないので、どこかで決断しなければなるまい。まるで対朝鮮関係みたいなものだ。ん?ちょっと違うか。まあ、私が働けるうちはもう少し様子見だ。クレジットローンの方は助けられないけど。とにかく、とにかく、バイトでも良いので毎日外に出て、働けるようになってくれれば御の字なのにな。

 

こういう時は、薪ストーブの出番だ。Kくんに貯えを削り取られる恐怖で、日々極貧生活を自分に強いているので唯一の救い、癒しなのだ。世間様から見れば、贅沢過ぎる!とヒンシュクを買うだろうが、そんなことはない、本当に唯一、なのだ。そろそろ廃材も尽きるが、薪代が払えないので、このストーブ使用は今年が最後だろう。

そうそう、ガスファンヒーターはガス代コスト高なので、ここにきて電気ひざ掛けをネット注文してみた。今更?

で、ぼぉーっとしているとKくん問題で妄想が膨らみドキドキしてくるので、なかなか手にとらなかった図書館本を読むことにした。

   f:id:sumikichi52:20180220102831j:plain f:id:sumikichi52:20180220102833j:plain

背の低いソファが欲しい、とやっぱり思う。炎の熱が身体の芯を暖め、疲れてカチコチに固まった心をほわっと解きほぐしてくれる。いちいち廃材をくべるのが面倒だけど。

         

今回お借りした図書本は、こんなとこ。館内をざっと歩いて目についたものを中身をあまり確認せずカゴに入れて行った。人気作家だからハズレはないのかなとは思うが。

f:id:sumikichi52:20180220102830j:plain f:id:sumikichi52:20180220102827j:plain f:id:sumikichi52:20180220102828j:plain f:id:sumikichi52:20180220102829j:plain

 

「人生教習所」は、序盤、啓発本みたいなものかなぁ、この人物のこんなところ私にもあるなぁ、つらいなぁ、なんて思っていたが、だんだん、小笠原諸島の歴史に興味津々になっていった。もともとそれが柱の本だったんだろうな、って誰もがわかることを後半になって気づく。とほほ。一度は行ってみたいなと軽く考えていた島だが、戦前からそこで生きて来た人たちの人生に想いを馳せると、自分はなんて軽い人間で、ふわふわした人生を歩いてるんだろうなとしみじみする。ん?Kくん問題に追い打ちをかけてる感じ?あららー。

         f:id:sumikichi52:20180220102832j:plain

フィギュアスケーターの羽生弓弦さんが言ってたな、「魔物に感謝」「捨てる」「明けない明日はない」etc。ふわふわ生きてる私にも、この辛い状況がいつか良かったと思える時が来るのだろうか。人生100年時代というが、健康寿命はそんなに長くない。残り時間をどう過ごすのかは大雑把には思い描いてはいるものの、Kくん問題もあり具体的にイメージ出来ずにいる今日この頃。炎にあたりながら贅沢者だと感謝し、一瞬癒されながらも、脳内や心持ちがクリアにならないのも正直ある。

 

ところで、7枚目のセーター。ここまできた。あとは肩ゃ脇をはぎ、衿を編んで完成。今は読書に夢中なので着れるのは当分先だ。ん?その前に春が来るな。じゃ、来年着よう。

       f:id:sumikichi52:20180220102824j:plain

 

そうそう、先日、朗読勉強会の先生主催のコンサートに行ってきた。演奏やソプラノ、朗読が組み合わさった、とってもあったかいステージだった。さすが先生、いろんな声の出し方、表現方法を駆使されていて勉強にもなった。まだまだだな、私。いつか、こんな音楽と朗読が一体となったステージをしてみたい。たが、実際するとなったら、全くどうしていいかわからない。だから、数年かけた勉強会に通うのだ。今年6月の朗読公演会に出演させて貰えるので、そういう経験をひとつずつ重ねるしかない。朗読にも流派がいろいろあるらしく、他の団体を拝見したことがないので、そもそも朗読とは、もわかっていない。けれど、この歳だ。ひとつのところで継続するってのも良いのではないかな。ちなみに、私はクラシックよりも、ギターの音色で・・っていうのが好きかな。それくらいの意見は持ってるようだ。

       f:id:sumikichi52:20180220102826j:plain

ちなみに、先生主催の公演は来月もある。次回は、和楽器と影絵、朗読らしい。いろいろ引き出しが多くてらっしゃる。

 

 

      f:id:sumikichi52:20180220102822j:plain

やっとだが、タイトルにもある「耳栓ウォーキング」について。

         f:id:sumikichi52:20180220102819j:plain

先日、知り合いの声の表現の勉強をなさっている先輩女子の講座に参加。難しいことはよくわからないが、どうやら声は骨で聴く、発するらしい。いろいろ教えて頂いて、驚愕したのが、耳栓をして10分程度歩くだけで、声の出し方、聴こえ方が格段に変わった。歩く際は、踵から着地、背筋伸ばして歩く。最初は、踵の振動が脳に伝わり、ガンッ、ガンッと頭が痛くなるような感覚で歩くのだが、次第に気にならなくなっている。そして、地に足が着いていない感じだったのが、徐々に腰が安定して歩幅も広めになってリズムよく歩いていた。先輩女子が録画したものを見てみると、そんな風に変化していた。で、耳栓をとって、声を発すると、周囲が「うわっ、変わってる!すごい入ってくる!」と目をパチクリ。参加者全員同様に劇的変化。本人も、力むことなく、いい声出そうとすることなく軽く発声できた。個人差はあるが嘘ではない。

私の場合、歌の発表課題曲の高音部分で出しにくい、苦手な部分が、以前より多少楽に出せるようになった気がするのだ。聴いている側は気づかないだろうが。

それ以来、可能な限り10分程度歩くようにしている。健康のためではないので、スニーカーで。

f:id:sumikichi52:20180220102821j:plain f:id:sumikichi52:20180220102820j:plain

 

話がアチコチだ。たまにしか更新しなくなっているので仕方ないか。毎日する余裕がない。庭の手入れ、観葉植物の生長記録、家のコト、いろいろ備忘録しておきたいコトはてんこ盛りなのにな。必要最低限備忘録ブログだ。まあ、今は、こんな状況なのだ、私は。

 

今日の夕飯は、昨日の残り物を温める。高級グルメや旅行などなど一切無縁の日々。だが、

       f:id:sumikichi52:20180220102835j:plain 

      f:id:sumikichi52:20180220102834j:plain

日々感謝だ。

 

 

今年は積雪多し

今更だが、今年は西日本のここいらにも本当によく雪が降る。早朝、雪景色の白の反射で目覚めた。生活に支障をきたしている地域の方々には申し訳ないが、あたり一面をすっぽりと白く覆い隠して、一瞬神秘的な世界に浸らせてくれるこの景色は好きだ。

  f:id:sumikichi52:20180213140001j:plain

  f:id:sumikichi52:20180213140002j:plain

       f:id:sumikichi52:20180213135959j:plain

    二時間ほど経つと、陽が出始めたが空気は寒っ。 

  f:id:sumikichi52:20180213140000j:plain 

  f:id:sumikichi52:20180213140003j:plain

ゴミ捨てのついでに、ここのところ眺めることのなかった庭を、ちょっこっと散策。って、玄関回りだけだが。  

     f:id:sumikichi52:20180213135952j:plain

   f:id:sumikichi52:20180213135958j:plain

 

空ばかり見上げてないで、地面に目をおろすと・・アートを見つけた。

  f:id:sumikichi52:20180213135954j:plain

     サボっていた草むしり。枯れた雑草たちだ。

  f:id:sumikichi52:20180213135953j:plain

 

  f:id:sumikichi52:20180213135956j:plain

         猫の足跡なのか・・・な。

       f:id:sumikichi52:20180213135955j:plain

 

          頓挫している薪作り。

      f:id:sumikichi52:20180213135957j:plain

 

どうにもこうにも寒い。本日は夕方からお芝居の練習に出かけるので、それまでストーブを焚いた。今年はフル回転だ。肉じゃがなんてものを作ってみたり。 

        f:id:sumikichi52:20180213135950j:plain

f:id:sumikichi52:20180213135951j:plain f:id:sumikichi52:20180213140008j:plain

 

        アロマなんてのもつけてみたり。

   f:id:sumikichi52:20180213140005j:plain f:id:sumikichi52:20180213140006j:plain

 

ここんとこの色々想う事をちょっとばかし綴っておこうかと思ったが、そろそろ練習に行かなくてはならぬので、ただの思いつきの写真更新で終わってしまう。

ちなみに、今夜はストーブは焚かないので、焚いた日の写真を意味なく載せておこう。

        f:id:sumikichi52:20180213140004j:plain

  んでもって、焚かない夜の土間もついでに。単なる自慢であるな。

        f:id:sumikichi52:20180213140007j:plain

ごちゃごちゃして見せたくない部分はカットしている。なんてご都合主義のブログだ。

日々感謝。 

 

 

何時ぶり?女子会ランチって。

本日は、お仕事や趣味活動のない、引きこもりの日であった。早朝の冷え込みにはガスファンヒーターで対応していたが、午前9時半過ぎから薪ストーブを焚いてみた。一日中ガスを使うのは気が引けて。どうにも貧乏性だ。

        f:id:sumikichi52:20180204104802j:plain

焚き始めると日が差し始めなんだか損したような気分になったが、冷え込みはするのでそのまま焚き続けた。たまごなんかを茹でてみたり。二時間もすると家中ほわほわになり、ユニクロのもこもこパーカーを脱ぐほどだ。案の定、二階は温室状態になったので、午後1時頃には廃材をくべるのをやめ自然に消えるのを待った。

f:id:sumikichi52:20180204104804j:plain f:id:sumikichi52:20180204104803j:plain  

f:id:sumikichi52:20180204104805j:plain f:id:sumikichi52:20180204104806j:plain

 

その後は、温室となった二階で録りためていた番組を観ながら編み物なんぞを。暖房器具全くなしでも十分だった。そうそう、7枚目?のセーターは二色を使いだ。

f:id:sumikichi52:20180204105629j:plain f:id:sumikichi52:20180204104808j:plain

 

ここで、また過去を振り返っておこう。数日前、超、超、久しぶりに女子会ランチとやらをしてみた。これまた超ご無沙汰だった後輩女子Fちゃんと二人で、郊外にある評判のカフェ(なのかな?)で予約ランチ。綺麗に手入れされてたなあ、お庭。

      f:id:sumikichi52:20180204104750j:plain

f:id:sumikichi52:20180204104753j:plain f:id:sumikichi52:20180204104752j:plain

これで1,080円(スイーツ等は別途料金)!あったかくて優しい味だったな。

      f:id:sumikichi52:20180204104751j:plain

ホントに、誰かと外食なんて、何時ぶり?最近、高級料理とかイタリアンとか、評判の~、なんていう “食” に全く関心を示さなくなり・・いや、別に食べられなくても(節約のため)いっか、と諦念かな。自分の中での優先順位がハッキリし過ぎて、何だか人生の基本的な喜びを放棄してるような気もする。食は大切なんだけどね。今は、不味い自分の手料理で満足感を味わえているし。ということにしておこう。でも、たまにはこじゃれたお店に身を置きたい。あっ、後輩女子Uさんに、お好み焼きを食べてないんだよね、今度行こうよ!って声をかけたままで、数ヶ月が過ぎてるな。

 

この後、Fちゃんがお家に招待してくれるというので、これまた評判のケーキ屋さん(マチルダ、って言ったけ?)でスイーツを買ってみた。

       f:id:sumikichi52:20180204104754j:plain

f:id:sumikichi52:20180204104756j:plain f:id:sumikichi52:20180204104757j:plain

左のブッダスイーツはFちゃんの。右のモンブランは私。だいたい初めてのお店では、モンブランを選んでしまう。理由は特にない。このモンブランの中は、スポンジケーキではなく、パリっとしたクッキーのようなものだった。へぇー、珍しいな。クリームは甘さ控えめで大人の味。って、私、味がわかんない。

 

Fちゃん家の庭では、ロウバイの花がわらわら咲いていた。ほぉー、風流である。

        f:id:sumikichi52:20180204104755j:plain

      f:id:sumikichi52:20180204104758j:plain

なんと、Fちゃん、コーヒーゼリー?ミルクコーヒーゼリー?なるものを作ってくれており、感激!さらに、手作りのアクリルたわしなるものも、丁寧にラッピングしてプレゼントしてくれた。あららー、申し訳ないな。ひと編みひと編み編んだんだろうな。 

        f:id:sumikichi52:20180204104759j:plain

        f:id:sumikichi52:20180204104801j:plain

同封されていたカードも手作りだろうか?Fちゃんなら作りそうだ。

           f:id:sumikichi52:20180204104800j:plain

ありがとう!とは言ったが、アクリルたわし、もったいなくて当分使えない。 

 

そんなこんなで、どうということはない一日だった。が、私にとっては贅沢な日々である。だれも訪れることのない我が家だけどね。

       f:id:sumikichi52:20180204104807j:plain

ちなみに、夕方以降また焚いた。只今、暑くて汗がじんわり、である。

        f:id:sumikichi52:20180204185436j:plain

日々感謝だ。

 

図書館で借りた書籍記録⑰&薪ストーブ2回目

久しぶりに図書館本を借りてみた。

f:id:sumikichi52:20180128184029j:plain

何かで紹介されていた本たち,と

f:id:sumikichi52:20180128184032j:plain f:id:sumikichi52:20180128184033j:plain

f:id:sumikichi52:20180128184031j:plain f:id:sumikichi52:20180128184030j:plain

 

短歌関連。

f:id:sumikichi52:20180128184034j:plain

        f:id:sumikichi52:20180128184035j:plain 

f:id:sumikichi52:20180128184036j:plain f:id:sumikichi52:20180128184037j:plain

先日、録画していた番組、NHK『人生レシピ~二足のわらじ』で、タクシー運転手をしながら歌人として活動してらっしゃる男性を拝見し、短歌というものがちょいと気になり借りてみたのだ。また借りただけ、で終わるかもしれないが。

 

さて、朗読勉強会には真面目に参加している。個人の課題は「屋根の上のサワン」だが、昨日は、6月公演予定の朗読劇テーマ、泉鏡花の「国貞えがく」を参加者全員で輪読。先生が語釈プリントを作成してくださっており、解釈しながら読み進めていったので、なかなか進まなかったが、今まで触れたことのない(読んだことのない)ものだったので新鮮だった。そして、ちょっと不気味でもあった。が、面白い。  

f:id:sumikichi52:20180128184027j:plain f:id:sumikichi52:20180128184028j:plain

 

Vocal Lessonも真面目に通っている。3月開催の生バンド演奏での発表会では、「My Revolution」を歌う予定だが、昨日のLessonではちょっと中休みで、平井堅の「ノンフィクション」に挑戦してみた。ブログに音をアップしないので好きなことを書けるが、やはり男性アーティストの曲は難しい。が、女性アーティストのラブソングに興味のない私は、好みの曲となるとどうしても男性のものになる。

 

話変わって、本日はお仕事のない日だったので、夕方近くからまた薪ストーブを焚いてみた。くせになる。

     f:id:sumikichi52:20180130190957j:plain

 

本物の薪は高くて買えず、廃材を使用しているのだが、こんな感じ。これだけの量だと2~3時間であっという間に燃えてなくなる。針葉樹?は長く持たないらしい。ちなみに、我が家のストーブは日本製で、針葉樹も燃やしていい、という触れ込みのもの。

       f:id:sumikichi52:20180130190949j:plain

この廃材利用は人にはオススメ出来ないし、薪ストーブ愛好会の方々からはお叱りを受けるだろう。

   

そして、本日は、買ったままになっているアロマ精油スペアミントの香りを漂わせてみた。器がおしゃれではない。3~4滴でいいのにドバドバ入れ過ぎて、部屋中ちょっとむせる感じになり逆効果。

f:id:sumikichi52:20180130190950j:plain f:id:sumikichi52:20180130190955j:plain

 

ストーブ前に丁度良い高さの椅子がないので、しばしの間、部屋の上り口に腰を下ろして暖をとる。薪を入れるのに真ん前に座り込むと、非常に熱い。当たり前か。が、その暖かさが身体の芯にじんわり効くので、ホントにあったまる。

   f:id:sumikichi52:20180130190951j:plain f:id:sumikichi52:20180130190952j:plain

まあ、これで良いではないかと言えばそうでもある。

 

そうだ!夕食は作り置きのおかずと昨日の焼き鮭にするつもりだが、ストーブ上で温めれば良いではないか!と思い付き、やってみた。

f:id:sumikichi52:20180130190953j:plain f:id:sumikichi52:20180130190954j:plain

お皿に移し替えずこのまま食卓にのせて食べてもおしゃれ?ってなことで、そのまま食べた。30分位は熱いので、これからもこのスタイルで。ひとりだと何でもありだ。ふと・・なんだか・・ひとりだと、もったいないなあ。よね?

 

最後に、またまた毛糸を買ってしまった。セーター用にだ。これで何枚目?7枚目?8枚目?今度は2色使いで、胸あたりから上と下で違えてみようかと。ほとんど病気といっても良い。

      f:id:sumikichi52:20180130190948j:plain

やりたいコトがいっぱいあって、一つ一つに集中出来ていないのがちょっと気になるが、そのうち何かが落ちていくだろう。こんなに趣味活動ばかりしていて、アリとキリギリスにならないようにしないとね。

        f:id:sumikichi52:20180130190956j:plain

日々感謝だ。

 

 

二年ぶり?の薪ストーブ!

ここ数日、こちら西日本でも朝目覚めると外は真っ白で、雪がちらついている時間帯もある。

f:id:sumikichi52:20180128184016j:plain f:id:sumikichi52:20180128184019j:plain

        f:id:sumikichi52:20180128184018j:plain

        f:id:sumikichi52:20180128184022j:plain        

      f:id:sumikichi52:20180128184017j:plain

越冬中の観葉植物たちには、一週間に一度の水やり。良いのか悪いのかわからないが、去年よりまだ元気そうである。が、やはり、この寒さ。沈んでいるものもあり、

f:id:sumikichi52:20180128184020j:plain f:id:sumikichi52:20180128184021j:plain

 

ソファに座ってTVを観ながら編み物なんぞをしていると、突然ぽとっと音がし、なんだ!?なんだ!?とあたりを見回すと、ウンベラータの黄色くなった葉が落ちていた。

        f:id:sumikichi52:20180128184025j:plain

        f:id:sumikichi52:20180128184024j:plain

あららぁーと驚いていたら、数日後、いつの間にやら大きめな葉も落ちていた。

        f:id:sumikichi52:20180128184026j:plain

        f:id:sumikichi52:20180128184023j:plain

一昨年の悪夢(葉が全滅した事件)再びなのかなぁ。

 

sumikichi52.hatenablog.com

 

節約のためガスファンヒーターの使用を極力控えているものの、冷えすぎて何だか侘しくなるので、思い切って、薪ストーブを焚くことにした。なぜ焚かなかったというと、薪(厳密にいえば、我が家の薪はリフォーム時の廃材)がもったいないのと、ストーブを焚くとなると、廃材なので持ちが悪く炎の調節にかかりっきりになり、一人だと結構自由度がないのだ。リフォーム後当初は、物珍しさと丁寧な暮らしを気取って毎日のように焚いていたが、そんな理由で家のオブジェと化していたのである。

が、あまりの冷え込みと在宅時間が長時間でガス代が気になるのとで、ちっとも落ち着かないので、本日夕方近くから焚いてみた。

        f:id:sumikichi52:20180128184014j:plain

      

すっかり方法を忘れていて、着火して炎の温度が上がるまで40分もかかってしまった。完全燃焼しない数十分は家中臭かった。ヤバイなあ、と思いながらも挑戦し続けたら何とかなった。

      f:id:sumikichi52:20180128184012j:plain

f:id:sumikichi52:20180128184013j:plain 吹き抜けの二階に洗濯物

 

気を良くした私は、湯を沸かしてティータイム。ついでに、かぼちゃをみりんと醤油と煮てみた。

f:id:sumikichi52:20180128184009j:plain f:id:sumikichi52:20180128184008j:plainf:id:sumikichi52:20180128184010j:plain f:id:sumikichi52:20180128184011j:plain

 

薪ストーブはやはり暖かい。身体の芯から暖まる。ん?なんかの宣伝文句のようだ。そうそう、ストーブを焚くと、いつも思う。凄く座面の低いソファが欲しい、と。一昨年もそう思って予算立てしたが、贅沢かな、きっとすぐ飽きるだろうしな、毎年焚き続けたならその時考えよう、と保留にしていた。うーん・・あれば便利、あればいいな程度ならやめておこう。今はそんな贅沢出来る身分じゃない。独り暮らしで薪ストーブを焚く時間が持ててること自体、有難くて贅沢だ。

ふと思う。先のことを考えすぎて不安になって、何とか自力で這い上がろうととひりで空回りしている時は、薪ストーブを焚いて炎のゆらぎと暖かさに身を委ねて頭を空っぽにしよう、すると自然と今、この瞬間、とっても気持ち良くてすべてに感謝出来るよな、と。私ごときがこんなに贅沢して良いんだろうか、罰があたるんじゃないか(実際Kくん問題勃発してるけど)と、後ろめたく卑屈に思って、心から楽しめていないところもあるが、いいや、この状況は今まで頑張ってきて自分で手に入れたものなのだから、誰に遠慮がいるものか!と開き直ればよい。たとえ、あと一年、三年、と短期間だとしても、その間を存分謳歌して良し!

     f:id:sumikichi52:20180128184015j:plain

とまあ、炎を見ているだけで元気になる。ちなみに、ストーブから離れるとひんやりはするが、焚き始めて2~3時間もすれば全体がほんわかしてくる。夜寝る頃、二階に上がるとやんわり温室のような空間になってるはずだ。

ただ今午後7時過ぎ。そろそろ夕食の準備にとりかかるとしよう。別にストーブで作る料理ではない。ピザとか焼き芋とか煮込みとかは別の機会に。本日はとりあえず焚いてみた、の日だ。

それにしても、ブログ作成中、10分ごとに廃材を追加しにストーブまで行っている気がする。これなんだよ、これ。はっきり言って面倒ではある。ちなみに、薪代わりに廃材を使用するのは良くないらしい。なにやらわからない溶液がついてたりするからストーブが傷むんだって。薪、高いからなぁ。裏山の間伐材を頂戴しているが、なかなか巻き割り出来ない。斧は買ったものの最初だけだ。とてもとても。

そんなこんなで、本日はここまで。

     f:id:sumikichi52:20180128184007j:plain

日々感謝だ。

6枚目のセーター完成!

本日、6枚目のセーターが完成した。糸の始末はまだ済ませていないが、とりあえず更新しておこう。しかし、同じデザインで何枚もよく編み続けるものだ。我ながら、ちょっと憑りつかれてる感が怖い。次は、(って、まだ編む気か)、二色使いのものが欲しい。胸を境に上下で色を変えたい。グレーとボルドーとか・・。どうしようかな、って考えるのが楽しい。けれど、毛糸代を捻出するのが難しい。まあ、唯一の贅沢だから許して貰おう。ん?誰に言ってるのだ?

      f:id:sumikichi52:20180121095842j:plain 

   f:id:sumikichi52:20180121095841j:plain

   f:id:sumikichi52:20180121095839j:plain

 

ちなみに、これまでの作品を載せておこう。

f:id:sumikichi52:20171224203656j:plain まだ着ていないな

 

下記のセーターたちは着て外出したりした。 

f:id:sumikichi52:20171202202245j:plain f:id:sumikichi52:20171128110342j:plain

        f:id:sumikichi52:20171101193022j:plain 

f:id:sumikichi52:20171019222724j:plain f:id:sumikichi52:20171019222725j:plain

素人だから柄合わせが全然出来ていない。がっかりだが、平気で着ている。Gパンに合わせて。

 

そうそう、昨日スーパーで安売りの大根一本を手にした際に何を思ったのか突如 “そうだぁっ!おでんを作ってみよう!!” という気になり、昨夜のうちに大根は一握りの米と一緒に下茹でしたり、こんにゃくと厚揚げは油抜きしたりとちょっぴり手間をかけた後、おでんの素で少し煮ておいた。今朝味見してみたら、具材に味がしみてなかったので本日追い炊きしてみた。って、風呂じゃないぞ。

で、いつもなら冬の間は、一階より多少暖かい(気がする)二階で過ごすのだが、おでんの追い炊き(まだ言ってる)のついでに暖をとろうと一階で過ごしてみた。 

      f:id:sumikichi52:20180121191607j:plain

ぼぉーっと、湯気を見つめてると、何となく・・・「あぁ、私は幸せだ。この状況は他者から見ると、ひとりぼっちで寂しい、侘しい感じなんだろうが、なぜか有難いなあ」と笑みが浮かんだ。諦念か強がりか、何だかは私にはわからない。

ふと屈託という言葉が浮かんだ。ん?この心情は、現在朗読勉強会の私の課題本『屋根の上のサワン』と全く同じではないか!幸福感はあるのだが、きゃぴきゃぴ女子(表現が古っ)が発する“イェーイ、超ハッピー”というラッキー幸福ではなく、何か得体のしれない・・何かなのだ。このあたりの胸のうちを的確に表現できれば小説家になれるんだろうな。私には出来ない。話をもどして、主人公の孤独、屈託、目に映る景色を切なく語る寂しさ・・・主人公、現在の私と似ている。余談だが、その課題本の内容は凄く理解できるのだが、朗読技術が追い付かなくて情けない思いをしている。

f:id:sumikichi52:20180121191609j:plain f:id:sumikichi52:20180121191608j:plain

 

鍋の前で椅子に座っていたので、上半身はほんのり暖かいのだが、下半身が冷えた。ガスファンヒーターをつければよいのだが、節約生活を強いているので我慢。がどうにもならず、昨年ざざっと編んだレッグウォーマーとやらを引っ張り出して履いてみた。ヨレヨレ、伸び伸びだ。しばらくすると、何気にあったかい感じがしてきた。無いよりましか。

f:id:sumikichi52:20180121191606j:plain f:id:sumikichi52:20180121191605j:plain

 

sumikichi52.hatenablog.com

 

特筆すべき素晴らしい出来事はなかった(いつもだけど)が、のんびり、ほんわかな一日であった。明日は午後から、Vocal Lesson(3/21バンド発表会参加)と劇団公演(3/11本番)の練習だ。 この一月、一週間を、趣味活動とパート勤務、安息日とでバランスよく配分出来ている生活スタイルを送れている、感謝だ。

        f:id:sumikichi52:20180121095840j:plain

 

 

 

 

 

今更だが、2018年の目標は・・。

ぼやっとしていたら、新年に入って二週間が過ぎた。元日に新年の誓いをブログに綴ろうと決めていたのに、案の定、今頃になってしまった。今年は大丈夫かなあ。

少し前の過去を振り返っても仕方ないが、今年の三が日のうち二日間と週一火曜日は、パン工場での体はきついが超簡単作業のバイトをこなした、他は、春から働かせて貰うための農園の面接、週三日一日5時間のカルチャースクール受付勤務開始、合間のお休みの日は編み物・セーター6枚目?作業、などなど、結構アレコレ自分のペースで過ごしてきた。前月に働いたパン工場のバイト代が振り込まれていた時には、おぉーっ、と少ない額にもかかわらず気持ちがアップしたな。

と、簡単に振り返ってみたところで、今年の抱負なるものを備忘録しておこう。

 

◆今年からコンスタントにパート労働開始!

       カルチャースクール受付・・一年継続目標

       農園での野菜収穫作業・・一年継続目標

フルタイム正社員としては、現時点での自分の体力・気力では勤まらない。というか、まず採用は無理だろう。それに、興味のある職種というのを優先。農園のご主人(一回り年下だけど)の想いをお聞きしたら、とても共感できる部分やちょっぴりワクワクするところもあり、野菜収穫の作業が全う出来、私を信頼してもらえたなら、ご主人の今後の計画に参加させてもらえたらいいな、という勝手な、ちょっと先の自分の目標がうっすら垣間見えた。まあ、とりあえず、春からの、平日の朝~昼までの収穫作業を、はっきり言って単純肉体労働だけど、ちゃんとやることだ。ただ刈り取るだけじゃなくて、色々技があるらしい。スピードによって収入にも差が出る。パン工場での手際の経験が活かせるかも。まだ実際に働いていないので何とも言えないが、その農園に居るだけで気持ちが良いという感覚は捨てがたい。

人生思うようにいかないものなので、全てを決めてかからず、縁や出会いを大切にしてしなやかに生きて行こうと思う。そういう生き方を選んだったよな、確か。

カルチャースクール受付は・・・・そんなにワクワク感は現時点では無いなぁ・・が、一年を目標に働かせて貰おう。そうそう、コロコロ職を変えると、毎度初心者なので、面白くなる前に辞めてしまうから、ちょっと踏ん張ってみなければ。そもそも、この歳で雇って貰えること自体有難いものだ。忘れていたが、二日前、私は54歳になった。だからどうした?って話かな。ますます、仕事を選り好みできぬ立場に近づいてるんだろうな。

 

◆Vocal&朗読&演劇  継続するぞ!

     Vocal・・3/21バンド発表会に参加

     朗読・・・・・6/23,24朗読公演に参加予定!

     演劇・・・・・3/11公演に参加!

 

◆超節約生活継続

     手書きの家計簿をつける・・PCだとつい溜めてしまう

 

◆“~でなければならない” 病からの脱却

他者との比較をやめて自分の気持ちと向き合う。が、私は向き合い過ぎて殻に閉じこもりがちなので、あまり深刻になり過ぎない程度に。Kくん問題についても、いくら姉弟とは言っても、もう大人で自己責任だということを自覚してもらうため、ちょっと距離を置いてドンと構えていられるように。

 

ざっくりとこんな感じだろうか。柱は“働く”ということだな。今の自分のアンテナひっかかった道を愚直にトコトコ歩いて、汗流して働いていたらどこかにたどり着くだろう。会社員時代とか時々は、目標地点がはっきりしていないとどう走っていいかわからないし、何も得られない・・・などなどの考え方に縛られていた(る)が、何でも自分で決めつけようとする質で、だけど、視野が狭くて世間知らずで人脈も貧相な自分には、前者のような期間も必要かなと、最近思い始めている。おいおい、この歳で?遅過ぎだろ。

 

ところで、セーター6枚目。まだ編んでいる。しつこく、また同じデザインだ。

                      f:id:sumikichi52:20180114171143j:plain

                     f:id:sumikichi52:20180114171144j:plain

 

 

ほぼ中毒だな。今年は既製品は一着も買っていない。毛糸代だけだな。何とかなるものだ。全く物欲が無い。肌の調子が悪いというのもあるが、ファンデも口紅もつけていない。さすがに、アイライン、アイシャドー、アイブロー、時々マスカラはするが。外見にも無頓着になっている。ヤバい?

 

越冬中の観葉植物たちも、一部葉が茶色になっていくものが出始めている。水やりは一週間に一回程度かな。少なすぎ?

    f:id:sumikichi52:20180114171141j:plain

            f:id:sumikichi52:20180114171140j:plain

    f:id:sumikichi52:20180114171138j:plain

            f:id:sumikichi52:20180114171139j:plain

 

明日はカルチャースクール受付のお仕事のあと、夜から朗読勉強会と演劇練習のかけもちだ。とっても活発に活動している風だが、たまたま重なっただけで、だいたいは午前中ゆったりのんびり過ごして、午後からお仕事って感じだ。春からは午前中野菜収穫、午後から受付、ってスケジュールになり、気持ちはやる気マンマンだが果たして身体が、気力がついていけるのか。やってみなけりゃわからない!

こうして文字に起こしてみると、結構幸せ者なんじゃないかと勘違いしてしまうくらい感謝の生活だ。

      f:id:sumikichi52:20180114171142j:plain

日々感謝。