読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

Eテレ「100分de名著 人生論ノート・三木清 第4回〜「死」を見つめて生きる〜」を観て。執着するものがあるから死ねる・・?

こんにちわ、SUMIKICHIです。
すっかりレギュラー視聴するようになったEテレ「100分de名著」。今月は、1937年に冒頭の一章が発表されて以来80年近くもロングセラーを続ける名著「人生論ノート」。第4回は、さまざまな視点から「死」という概念に光を当てることで「死とは何か」を深く問い直していく、というもの。ざっくり備忘録しときましょ。

       f:id:sumikichi52:20170427101156j:plain

 

「人生論ノート」は‘死について’の考察から始まり、“希望”で締めくくられている。戦争が拡大していく中、“死”が身近にあり、“死”を持って国に貢献することが素晴らしいとされていた時代背景の影響もあるのではないか。

では、“死について”。

f:id:sumikichi52:20170427101142j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101143j:plain

昭和14年、三木はこの文章を書いた。当時41歳、2年前に妻・きみこを亡くし、親類や友人などもたて続けに見送った頃だった。この一節は、死から目をそむけず、死の恐怖に惑わされず生きたいという三木の想いが込められていた。

f:id:sumikichi52:20170427101144j:plain

‘死は観念である’とは?

誰もが生きている間には、自分の死を経験することは出来ない。死を経験した時にはこの世にいない。私たちが“死”について考える時には“観念”しかないという意味。実際にどうかというと難しい問題で、現実の中に“死”は入り込んでいる、生の直下に“死”はあるといっていい。

伊集院さんは、僕は想像しても仕方ない、死ぬ前にあれこれ思っても仕方ないと思っているけど、‘死について考えることが無意味であるなどと私は言っているのではない’と言われると、あれ?って気になる、そして、三木は死の恐怖が薄らいだと言っているがどういうこと?と戸惑う。

岸見さんの解釈では、まず三木は、妻や友人たちとどうすれば再会できるかと考えたはず、明らかに、生きている間は再会することは出来ない、だったら死ぬしかないのではないか、宗教的なものというより確率的な問題で、生きていて死んだ人に会うことはないから確率は‘ゼロ’、死ねばひょっとしたら会えるかもしれない、その確率の方がはるかに高い、ということらしい。(はぁ・・・そうなの?)

さらに、人間はロジックで割り切れる存在ではないので、一方では哲学者として理論的に考えた人だけど、それよりまず人間だったんだろう、そうあってほしいという要請としてそのように考えたのではないかと言う。

 

同時に、後に残すものについてこんなことを言っている。

f:id:sumikichi52:20170427101145j:plain

人間はそんなにりっぱに死ななくてもいいんだ、静かに穏かに死ななくても執着するものがあってもいいんだと三木は断言していて、私たちに大きな勇気を与えてくれる、と岸見さんは話す。

 

“執着”するものって、三木は具体的に何を想像しているの?
おそらく、一人娘のようこさん。妻を亡くし、娘の成長を見届けなければ死ねないと思っていたはず。

「私に真に愛するものがあるなら そのことが私の永生を約束する。」

と三木は言っている。想いを残す人がいるなら、死後自分が還っていくべき所を持っているということ。折にふれて自分のことを思い出してくれれば、そのとき私は永生を約束されているんだ、その人の心の中で生き続けるはず。

伊集院さんは、哲学を超えてこの根拠になってることって、自分を愛してくれた奥さんのことを、自分が生きている限りずっと忘れず奥さんの気持ちに応え続けると、娘もそうなってくれるはずなんだということですね、と言う。

触れることも話すことも見ることもできないけれど、思い出すたび、ここにいるという実感を三木は持っていただろう。

 

さて、三木自身の死について・・・
「人生論ノート」の連載が始まったのは、奥さんの死から一年後、その一周忌に追悼文集を編纂。「幼き者の為に」と題した自身の文章も収めた。(個人的見解ですが、まるで恋文みたい)

f:id:sumikichi52:20170427101146j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101147j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101148j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101149j:plain

 

「人生論ノート」が刊行された翌年、三木は徴用されフィリピンで従軍。そこでの戦争体験は彼の哲学を大きく変貌させるものであったはずだったが、帰国すると、三木に言論発表の場はなく、娘とふたり埼玉に疎開。昭和20年3月、逃亡犯だった友人を匿ったという嫌疑で逮捕される。8月15日の終戦後も釈放されることなく、9月26日、疥癬に罹り独房のベッドから落ちたまま獄死、48歳だった。

友人は共産党員、匿ったら危険が及ぶとわかっていたのに、人間としての三木は友人が助けを求めてきたら断るはずはなかった。「三木は死ななくてもよい命を落とした」と言われている。三木は戦争に行った数少ない哲学者のひとり。体験を基に著書を書けたはず、本当に残念だと岸見さんは言う。

 

続いて、人間の死と歴史について。
三木は、人間の“生命”と“過去”を重ね合せ、その意味についてこう述べている。

f:id:sumikichi52:20170427101152j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101151j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101150j:plain

三木は“死”=“過去”と考えていた。“過去”を自分の都合よいように使う場合があるが、その危険性をこの言葉で指摘している、いわゆる、“歴史修正主義”を厳しく批判。現代でも南京虐殺ホロコーストは無かったとか、そういう歴史的事実を改ざんしようとすることは、歴史を尊重していない。人間の死を尊重するということは“歴史”を尊重することでもある、三木の独自の歴史観、死生観であると考えることができる、と岸見さんは解説。

 

最後“死について”から始まった「人生論ノート」、どのように締めくくられたか。
昭和16年11月、雑誌「文學界」における最後の連載は“希望について”。

f:id:sumikichi52:20170427101153j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101320j:plain

f:id:sumikichi52:20170427101246j:plain

戦時下にあっても“希望について”熱く語った哲学者・三木。最後まで絶望することなく自らの人生論を書き終えた。

伊集院さんは、人生は“虚栄”だと書いてきた人がこのように締めているのは、なにか抑えきれない優しさみたいなものを感じると言う。

 

どういうメッセージ?
個人、個性が失われつつあった時代に、自分とは何か、人間とは何かを問い続けた哲学者。最後まで人間の可能性と希望を信じていた人だろう。もし、一切が保証されていたら希望すらない。そういう意味で三木は、「“希望”こそが“生命”の形成力である」という言い方をしている。

さらに、「私は未来への良き希望を失うことができなかった」と言っている。

国家による言論弾圧の中、精神のオートマティズムによって一度考えることをやめてしまったら、大勢に流され抜け出すのは至難の業。

 

自分ひとりだと自分が何者かわからない、二人いて初めて自分のことがわかる、多くなりすぎるとまた自分がわからなくなる、今まさにそう、満たされているはずの中で起こる“虚無感”。だが、そういう時代に生きているからって絶望することはない、生きている意味がないわけではない。三木は終生、“理想主義者”だったのだろう、“理想だけが現実を変える力がある”ということを私たちに語りかけているのではないか、と岸見さんは締めくくる。

       f:id:sumikichi52:20170427101157j:plain

実際に本を読んでいないのでアレコレ言えませんが、全回通してざっくり感じますのは、ここで名づけられている“虚無”に生まれ落ちたのだから“虚無”は当たり前、人間には高等な“脳(心)”があるから“孤独”や“希望”、“恐怖”などがつきまとうのも当たり前、現在無職で社会と関わりを持たない自分は、世の中に何か役立つことが出来てしませんし、攻撃も受けていません、夫も子供もいない自分は、‘執着するものがあるから死ねる’に反してて、全てひっくるめてどうなんでしょう、ってことかな。支離滅裂。

“希望”は・・自分が亡くなった後、誰かの心に残して貰えるよう、誰かを想い、尽くすことなのかなぁ。あれが欲しい、これがやれたい、みたいなことじゃないんでしょうね。なかなか難しくて、考えてしまう名著でございました。

新緑の美しい今頃の時期で良かったですよ。うーん・・と考え込み始めて、ふと窓の外に目をやるとその風景が、とりあえず今日も元気で!と呼びかけてくれているようで。

       f:id:sumikichi52:20170427101158j:plain

日々感謝です。

我が家の庭の観察記録⑫

こんにちわ、SUMIKICHIです。

本日は、天気予報では晴れるようです。りっぱじゃないけど心躍る我が家の庭の“花が咲くまで”の観察記録⑫。今朝の様子は・・・雨上がりですので緑が美しいです。成長はそれぞれですが、私は日々小さな変化を感じております。 

      f:id:sumikichi52:20170427073618j:plain

 

【ヤマモミジ】2本の内一本はそろそろ終盤かな

f:id:sumikichi52:20170427073652j:plain この形(花?)が残ってる

f:id:sumikichi52:20170427073651j:plain というか、これが花?

f:id:sumikichi52:20170427073650j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073653j:plain

もう一本の方は、蕾か花かわかりませんが、まだわさわさ。

f:id:sumikichi52:20170427073646j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073655j:plain

  

 

ハナミズキ】 

f:id:sumikichi52:20170427073649j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073619j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073645j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073641j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073644j:plain 枯れるのかな?

f:id:sumikichi52:20170427073640j:plain おぉ、めしべ?

f:id:sumikichi52:20170427073643j:plain また出てきてる ピンボケ

f:id:sumikichi52:20170427073642j:plain

 

  

【紅色トキワマンサク】 

f:id:sumikichi52:20170427073633j:plain 花は終わりかな

f:id:sumikichi52:20170427073634j:plain 古枝からは葉が出るのかな

f:id:sumikichi52:20170427073635j:plain 新枝からは力強い葉が次々と

f:id:sumikichi52:20170427073636j:plain

 

 

【ロドレイア】 

f:id:sumikichi52:20170427073630j:plain これからどうなる?

f:id:sumikichi52:20170427073631j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073632j:plain

 

 

【オガタマ】 

f:id:sumikichi52:20170427073622j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073623j:plain 

  

 

常緑ヤマボウシ

f:id:sumikichi52:20170427073627j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073629j:plain 下部分はぽつぽつ葉が

f:id:sumikichi52:20170427073628j:plain 上部もまぁ順調

 

 

【あじさいアナベル成長早い

f:id:sumikichi52:20170427073639j:plain 

 

 

【カツラ】 とにかく葉の形が丸くて可愛い

f:id:sumikichi52:20170427073637j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073638j:plain

 

 

ハクロニシキ】 玄関横

f:id:sumikichi52:20170427073620j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073621j:plain 薄桃色がきれい

f:id:sumikichi52:20170427073648j:plain

 

草むしり中に見つけた二つの芽。ヤマモミジかなと思い様子見なのですが、踏んではいけないので目立つように印を置いてみました。

f:id:sumikichi52:20170427073647j:plain f:id:sumikichi52:20170427073626j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073625j:plain

f:id:sumikichi52:20170427073624j:plain

この囲いは意味ないですね。もうちょっとしっかりした囲いを作りましょ。劇的な変化はないようですが、今朝も色々楽しゅうございました。  

sumikichi52.hatenablog.com

日々感謝です。 

ふと「Nコン2017課題曲〜テーマは夢〜」を観て。‘夢なんてなくてもいい’に癒されて・・

こんにちわ、SUMIKICHIです。
これまで関心のなかった音楽番組「NHK全国学校音楽コンクール2017課題曲」(3月OAの再放送)を録画視聴致しました。作詞を手掛けたのが、作家の宮下 奈都さん、秋元 康さん、リリー・フランキーさんだというので、興味津々になりまして。といいましても、毎年著名なアーティストが作詞されているようですね。合唱なんて高校卒業後、全く遠ざかっていますし、子供もいませんので未知の世界。最近の音楽教育ってすっかり様変わりしてるんですね。童心に返って観てますと、大人の自分でもちょっぴり癒された気分でした。印象的なところをざっくり備忘録しときましょ。詳細は番組HPにびっしりございます。

                            f:id:sumikichi52:20170426075519j:plain


2017年のテーマは“夢”。

【小学生の部】・・・『いまだよ』
作詞は宮下 奈都さん。『羊と鋼の森』が直木賞受賞は逃したが、2016年の本屋大賞を受賞。

f:id:sumikichi52:20170426075507j:plain

f:id:sumikichi52:20170426075508j:plain

f:id:sumikichi52:20170426075506j:plain

宮下さんの想い・・・
特に子供たちに伝えたかったのが‘夢なんてなくていい’。世の中には夢のある人生じゃないとだめ、夢があって初めて人生がイキイキする、みたいな風潮がある気がして、そこをどうしようかと考えた。歌詞で、きれいな言葉ばかりじゃなくて、本当のことを書きたいという想いが一番強かった。

 

小学生からの質問・・・

Q、どんな人のことを想って書いたのですか?
去年のコンクールを観たとき、舞台で歌っているキラキラしている子供たちのために書きたいと思った。でも、書いてるうちに、キラキラしていない子供の顔が浮かんできて、「今日はちょっと頑張れないかも」と思っているときでも歌える歌が書きたいなと思った。私は夢を持ったことがなくて、でも、夢がないとしょぼくれた人生みたいだけど、そんなことはなくて、夢がなくても、情熱がある、愛がある、希望がある、思いやりがある、ってだけで人は人生をまっとうに生きていけると思っている。あったらいいけど、ないからってがっかりしたり、つまらない人生だということはない、今、夢はとりあえずなくてもいこうよって。

 

f:id:sumikichi52:20170426075509j:plain 

Q、“君”って誰ですか?
きっと、“君”って、それぞれの心の中で浮かべた“君”で合っている。自分でもいいし、大切な人でもいいし、励ましたい人でもいいし、それは、あなたが選んでいい“君”だと思う。

 

Q、(作曲家の人に質問)この曲を作るのにもとになったのは何ですか?
僕は目立たない、キラキラしていない生徒だったけど、小学校の音楽の先生が合唱にとても熱心な人で、その合唱と出会って、そこに居ていいんだという気持ちになった。その体験がそのまま歌詞になってるんじゃないの?って、その時の気持ちを思い出して原点になっている。

 

最後に、宮下さんは・・・
それぞれの人が一番大事って思うところを大切に歌ってくれたらいい。キラキラしていない自分でもいいんだよってこと。誰かをこの歌で励まそうと思わなくていい、歌って自分が好きになってくれたらそれで十分っていう歌。

 

                     f:id:sumikichi52:20170426075516j:plain

 


【中学生の部】・・・『願いごとの持ち腐れ』
作詞は秋元 康さん。

f:id:sumikichi52:20170426075511j:plain

f:id:sumikichi52:20170426075608j:plain

f:id:sumikichi52:20170426075652j:plain

 

秋元さんの想い・・・
自分が中学生の頃、何を想ってたのかなとまず考えてみた。何になりたいとかどんな夢を持っているかとか、明確にあったわけでなく漠然としていた。そういう意味では、夢や願いごとはいっぱいあって、ひとつに決められなかった。これといって今は夢がないんだけどな、何を目指しているかわからない、勉強って意味があるのかな、って思ってるみなさんに何かメッセージできればいいかな。

 

Q、どうして、‘魔法が使えたなら’という不思議な歌詞にしたんですか?
本当にその夢が、その願いごとがあなたの夢、願いごとですか?と問いかけたかった。たった一回だけ、あなたの願いごとを叶えてあげましょうと言われたら、あなたはどれを選びますか?と伝えたかったので、そのために“魔法”という言葉を使った。

 

Q、秋元さんにとって本当の願いとは何ですか?
きっと、人はみんな探しながら生きてると思う。現在58歳だけど、今、本当の願いはこれだと思っていても、もしかしたら、60歳、70歳になったら変わって行くかもしれない。ただ、常に“本当の願い”はこれなんだとひとつに絞り込んでいたいと思う。(で、具体的に今は何なんでしょう、気になる)

 

Q、なぜ“黄昏”って言葉を使ったのですか?
“黄昏”つて言葉が象徴するように、迷っているうちに時が過ぎて大人になってしまう、‘時が流れるのは早いよ’と伝えたかった。

 

Q、‘微笑みが愛の夜明け’ってどういうことですか?
どう受け取ってもいいのが歌詞。歌はひとり歩きする。100人いたら100の解釈があっていい。(で、秋元さんの想いは?気になる)

 

最後に、秋元さんは・・・
夢を見つけた人は全力で頑張ってほしい。なかなか叶わないかもしれないけれど、でも、みんなが本当に想っている夢や願いごとの方からは背を向けない、全力で手を伸ばして一ミリ先にある、だけどなかなか触れない、するとどうしても手を降ろしてしまう、諦めてしまう。けど、あと一ミリなんだと思って諦めないでほしい。

 

                    f:id:sumikichi52:20170426075518j:plain

 


【高等学校の部】・・・『君が君に歌う歌』
作詞は、リリー・フランキーさん。イラストやデザインのほか文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多種多彩な分野で活躍。小説『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』は220万部を超えるベストセラー。

f:id:sumikichi52:20170426075513j:plain

f:id:sumikichi52:20170426075514j:plain

f:id:sumikichi52:20170426075515j:plain

未来の自分が現在の自分を勇気づける歌。リリーさんご本人のコメントはなく、作曲された大島ミチルさん(この方も有名ですよね)がコメントされてました。

 

大島さんは・・・
時間の経過の中で、いろんな経験をするとわかることがある。綺麗に歌うことよりも、本当に‘伝えて’ほしい。高校生だったら中学生に、中学生なら小学生に伝えられることってあると思う。もしかしたら大人に伝えられることもあるかもしれない。歌詞の特徴もあるけれど、同じようなところがひとつもない、刻々と変化する歌詞なのでそれに合わせて曲も変化していく、だからどこが大事じゃなくて、その変化を表現してほしい。自分がどう感じるか、そして、どう表現したいかというのをやってほしいと思う。


この他、AKB48さんたちが『願いごとの持ち腐れ』の合唱に挑戦。結構真剣。

発声法とかのヒントもありましたのでちょっとメモ。

≪発声≫ 踵を上げる、そしておろす。足の指が浮かないように、床をぎゅっとつかむ感じ。それを自分の基本姿勢にする。

≪息の吸い方≫ 太めのストローを使って、ドロドロのスムージーを吸い上げるように吸う。口の中の状態が開いている感じ。

≪声の響かせ方≫ 特に高音を出すとき、目を閉じて、こめかみをぐぅーっと広げる、まぶたをそっとあける、目がパッチリで表情がかわいい感じ。

≪歌詞の意味を考える≫ 幸せを表現するなら、‘幸せ顔’で歌う。

 

                         f:id:sumikichi52:20170426075517j:plain


求められる表現レベルの高さに驚きでございました。自分の学生時代にはそんな授業ではなかったような・・いえ、中学時代は新人の音楽の先生が担任で、合唱好きのとっても熱血的な女性でしたのでそれなりにスパルタでしたけど、技術的な面の指導が中心だったような。まあ、表現の仕方まで進めるレベルじゃなかったですし、合唱クラブでもなかったですしね。番組で合唱を披露されてた若者の歌声はみんなひとつになってて、ホント素敵でした。

そして、歌詞を作られた方達のコメントを聞いて、大人の自分が逆に癒されてしまうなんて情けないけれど、歌うことを趣味にしている身としましては大変勉強になりました。今は歌に関して、手当り次第観たり聴いたりの座学状態。毛嫌いせず、いろんなジャンルを覗いてみて、考えよう、です。50歳過ぎのいい大人なのに、まるで、今回の課題曲の歌詞そのままです。うーん・・でも、歌にせよ、なんにせよ、人間って歳を重ねていろいろ体験してわかった気になってますけど、根っこの部分は模索中ってことなんでしょうか。

そうそう、みなさんが、素敵に歌ってらっしゃるのを見ながら、歌詞とメロディーラインはそのままで、これに動きを入れて、リズムを変えて・・とアレンジしていくと、ゴスペルやミュージカルになるのよね(当たり前のことですみません)、私はやっぱり、そっち系が好みだなと余計なコトを思いました。

蛇足です。子供たちのストレートな質問に拍手でございました。

                        f:id:sumikichi52:20170426132939j:plain

日々感謝です。

NHK「ドキュメント72時間〜春 街角のかばん店で〜」を観て。たしかに、人生感じます。

こんにちわ、SUMIKICHIです。

たまに観る「ドキュメント72時間」。今回は、〜春 街角のかばん店で〜。ざっくり備忘録。

      f:id:sumikichi52:20170425094836j:plain

春、暖かい陽気に誘われてお出かけにくり出す人々、その時に欠かせないのがかばん。専門店には色とりどりのかばんが並んでいる。みんな何を詰め込んでどこに行くんだろう。今回の舞台は、東京上野のアメ横で50年商売を続けているかばん屋さん。

 

【3/18(土) 13:00】

タイから出張中の男性会社員
奥さんの指令であるバッグを買いに来たらしい。日本の女子に大人気のブランド、‘アネロ’のバッグ。アジア各国の女優さんが持っていて、今タイでも大ブーム。迷った末、日本限定版をチョイス。

 

・・奥さんは喜んでくれるかな。

 

紳士用バッグを探す熟年ご夫婦
旦那様は元公務員。若い頃からかばんは持たない主義、携帯とか財布はポケットら入れてきたが、最近体力が落ちてきて、ポケットに入れておくのが重たいらしい。今日は、ペットボトルとかおむすびが入ればいいなと思って探しているけど、種類が多過ぎて目移りする。初めてのかばん探し。

 

・・一年で最もかばんが売れる春、店内には4,000の商品が並ぶ。


父親と中学生の息子
進学を機に通学用リュックを購入。学校で使うものなんで入れやすいものがいいかな。買ってもらって嬉しいと息子は淡々と言うと、父親は「感情がない」と苦笑い。

 

高齢のご夫婦
退職された旦那様の散歩用のかばんを探している。ビジネス用とかじゃなくて、ちょっとフラっと出かけるときのリュック形式が欲しい。

      f:id:sumikichi52:20170425094834j:plain

母親と子供二人
「白でいいじゃん」「白は汚れるし」とお出かけバッグを前にして言い合いをする姉と弟。するとお母さんが「じゃあ、赤がいいよ」とススメると「なんか派手じゃん」と渋る姉。結局「青にする」と言う姉に対して、「でた!私(母)が言うと絶対違う方にする、この人。それで決断するという」とぼやく。

 

・・毎日を共に過ごす大切なパートナー。

 

【16:31】

男性営業マン、かばんを買い替えるついでに、古いものを処分してもらうお客様。仕事用でもう5年位使っていて、持ち帰ってもゴミになるから。同じブランドをずっと使っていて、これで4代目。

 

・・お別れじゃなくて、世代交代。こんな付き合い方もあるんだな。

       f:id:sumikichi52:20170425094831j:plain

熱心に店内を見てまわる熟年男性
かばん屋巡りが休日の愉しみ。一つひとつ見て行くと想像が膨らんでくる。ちょっと変わったかばんを手にすると、これを持ち歩く人はどんな人だろう、とか、かばん一つでその人の全てがわかるような。かばんが汚れているとちょっとアレだし、実用性重視の人もいるだろうし、そんな人は、逆に言うと、仕事に対しても割り切った仕事ができる人なのかなとか想像したり。

 

・・たしかに、かばんにはそれぞれの生き方が滲み出るのかもしれない。

 

【17:21】

大きなかばんを持つ建築業の男性52歳
今建築関係の仕事をしていてヘルメットや靴を入れていて、この肩掛けだと重たいんでリュックを買いに来た。建築の仕事は始めてまだ二ヶ月。勤めていた会社が倒産し、ハローワークにも通っているがなかなか職がみつからない。今のかばんは、現場に行くのになんでもいいや、みたいなノリで買ったんで、好きで持っているわけじゃない。今やっているのは本当の自分じゃないですから。

 

・・先が見えない不安定な暮らし、どんなかばんを選べばいいか、なかなか決められない。

 

20:00、店じまい。この日売れたかばんは200個。

      f:id:sumikichi52:20170425094827j:plain

 

【3/19(日)11:07】

開店早々店員さんと楽しそうに値段交渉中の群馬で暮らすフィリピン人女性
100円ショップで買った間に合わせのかばんがポロポロになり、日本での生活も落ち着いてきたので買い替えに来た。10,800円の値札を見て交渉中。商談成立後、中身を入れ替え。缶詰、調味料、トイレ磨き棒、キッチンスポンジなどアメ横で買った大量の日用品。フィリピンに住む家族へのプレゼント。ぴったりなかばんが買えて嬉しい。

 

一人静かにかばんを眺める主婦68歳
今日は亡くなった旦那様の墓参りの帰り。散歩にも使える小さなかばんを探している。今使っているのは10年位経つ。70代になると終活ですから。だから、長く使うことは使うけど、そろそろ死ぬ時は3品くらい、かばんも3品、何でも3品位にしたいなと。自分のものが片付けられなくて、自分が死んだら家族か誰かに捨てられるわけでしょ、今の若い人は受け継いで使ってくれるなんてことはありえませんからね。

 

・・人は一生でいくつのかばんと出会うんだろう。

      f:id:sumikichi52:20170425094829j:plain

 

就活中の男子大学4年生
少し前に就職説明会に行ったとき、気が抜けてて、いつも使っているリュックを持って行ったら、みんなは黒いバッグを持ってて、これはヤバイなと思って買いに来た。

 

・・真新しいかばんと共に一歩踏み出す。

 

【17:54】

旅行バッグ売り場で話し込むコンピューター会社にお勤めの男性44歳と女性33歳のカップル
職場結婚の予定で、新婚旅行にスウェーデンに行く。二人分の荷物が全部入る大きなかばんを検討中。彼女は、出産時、臍の緒が首に巻きつき脳性マヒになり、生まれつき足が不自由。だから、荷物と彼女の手を引いて歩くのは彼の役目。

 

【19:37】

閉店間際に解体業の男性45歳が来店
サバイバルゲームのマーマーベストなどの衣装や小物などを入れる大きなものを買いに来た。料理人を辞めて一年限定で趣味に生きている。3年前から始めたゲームにすっかりハマってしまった。

       f:id:sumikichi52:20170425094828j:plain

 

【3/20(月)10:40】

スーツ用のかばんを買いに来た公務員男性
青森にいる86歳の母親が脳溢血で倒れ、もしかすると喪服を持って帰ることになるかもしれないから。

 

・・苦い想いのかばんもある。

 

【17:32】

仲良くリュックを選ぶ、ともに介護職40歳のご夫婦
旦那様の通勤用バッグを買いに。数年前にアメ横で買ったものがボロボロ。随分重いけど・・缶コーヒー、CDウォークマン、DVD、中国語参考書など多くのものが次から次へと出て来る。何でも入れておかないと不安。全部が入っている、人生が入ってるんです。小説を書くための鉛筆も入ってる。賞に応募しても最終選考でいつも落ちる。最近は絵を描き始め、頭の中にはやりたいことが浮かんできてたまらない。この後は、居酒屋で夢を語り合う。私はいつも聞き役、と奥さんは笑う。

 

【3/21(火)11:40】

最後に出会ったのは77歳の女性。水着を4着買ってきた。健康のためにスイミングに通ってる、また明日から行きます。と買ったばかりのバッグを嬉しそうに持ってお店を後にする。

      f:id:sumikichi52:20170425094833j:plain

 

“かばん”。現在、私も散歩やちょっとした外出用に、何か良いかばんはないかなと考えていたところでしたので番組を観ましたが、番組内での「人生が詰まっている」「終活ですね、最後はカバン3個とか」「今の自分は本当の自分じゃない、とりあえずのものでいい」「どんなかばんを持っているかでどんな人かわかる」などのコメントにハッとしました。

私も、靴とかかばん、うーん、自分の持ち物は厳選したもの、いえ、ブランド品とか高級品という意味ではなく、本当に好きなデザイン、素材、色、全てにおいて合格点の品々にしたい、できたらいいなとずーっと思ってきましたが、どうもその場しのぎのとりあえず品で過ごしてきたなと思います。いつか、いつかと先延ばしにしていたら、結局自分に馴染んだものが残っていないんですよね。すぐ飽きて買い替えて、処分するときもあっさりと。退職前に断捨離しましたが、ホント情けないくらい淡々と処分できました。無駄の多い人生かなぁ。 

sumikichi52.hatenablog.com 

かばんで言えば、仮に、まぁ好きかなと思って手元に残したものは、もったいなくて日常使いできず、汚れても良い雑誌の付録の袋を手にして出かけてしまいます。

  f:id:sumikichi52:20170425094825j:plainf:id:sumikichi52:20170425094826j:plain

ですから、それらを身に持ってもハッピーではなく、いつかお気に入りのものでスーパーで買い物しよう・・って、いつなの?と悶々。

しかし、見方を変えると、つまるところ私は何でもいいんだろうなーと思ったりもします。こんなオリジナルで素敵な自分になるには、これとあれとが必要かなって、心底思っていないイメージを膨らませようとしているからわからなくなるんだろうなーと。今、かばんが必要だと思っていても、お金がないというのもありますが、無くても生きて行けるしなぁと思う自分もいて、で、結局いっかとなるのかもしれませんね。このお金がない、ということが判断基準になっている今日この頃の私でございます。なんのこっちゃ。

       f:id:sumikichi52:20170418182831j:plain
日々感謝です。

 

 

我が家の庭の観察記録⑪&草むしり⑤

こんにちわ、SUMIKICHIです。

本日は、天気予報では夕方近くから雨が降るようです。りっぱじゃないけど心躍る我が家の庭の“花が咲くまで”の観察記録⑪。今朝の様子は・・・一見、変わってないようですが、私は日々小さな変化を感じております。それと、草むしり進捗状況⑤も。  

 

【ヤマモミジ】2本の内一本はそろそろ終盤かな

f:id:sumikichi52:20170425082008j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082009j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082011j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082010j:plainこれが花なのかな

もう一本の方は、これから満開かな

f:id:sumikichi52:20170425082014j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082015j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082017j:plain へぇーこうやって成長するのね

f:id:sumikichi52:20170425082016j:plain 蟻とアブラムシ?・・どうしよう

f:id:sumikichi52:20170425082018j:plain 逆光?綺麗な薄緑・・ 

 

 

ハナミズキ】 

f:id:sumikichi52:20170425082007j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082006j:plain 宙を舞ってる感じ

f:id:sumikichi52:20170425082005j:plain 

 

  

【紅色トキワマンサク】 

f:id:sumikichi52:20170425081957j:plain 日々薄くなる

f:id:sumikichi52:20170425081959j:plain

f:id:sumikichi52:20170425081958j:plain 枯れてる?し・・

f:id:sumikichi52:20170425082000j:plain 今から? 

 

 

【ロドレイア】 

f:id:sumikichi52:20170425082020j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082019j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082021j:plain 花かな?

おっ、どうやって上がったの?1m30㎝位の高さにある定点観測の芽(2枚上の写真)の横の葉の上。つまり、カエルさんの横にある芽を日々撮っているのです。

f:id:sumikichi52:20170425082022j:plain

撮影してる時は、目線の高さにくるりんと曲がった葉がカエルさんを隠していたんですね、移動したらびっくり。ですから、葉をはさんで、にらめっこ、いえ、対面していたわけです。この隠れてるんですけど何か?みたいな雰囲気が面白い、ふふっ。

f:id:sumikichi52:20170425082023j:plain 

 

 

【オガタマ】 

f:id:sumikichi52:20170425082028j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082029j:plain 枝先から芽が・・?

  

 

常緑ヤマボウシ

f:id:sumikichi52:20170425082024j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082025j:plain 上から撮ってみたけどピンボケ

f:id:sumikichi52:20170425082027j:plain 枯れてるな、やはり

f:id:sumikichi52:20170425082026j:plain 中段はほぼ枯れてるな

 

 

【あじさいアナベル二ヶ所ともすくすくと。

f:id:sumikichi52:20170425082001j:plain また地中から新芽が

f:id:sumikichi52:20170425082003j:plain 次々と

f:id:sumikichi52:20170425082002j:plain

 

 

サザンカ

f:id:sumikichi52:20170425082004j:plain 力強い

 

 

シマトネリコ】 玄関横

f:id:sumikichi52:20170425082030j:plain

f:id:sumikichi52:20170425082031j:plain

古い葉がポロポロ落ちておりますが、新芽があちこちから出ています。ですから、この時期一見スカスカになるみたいです。この木は成長が早く、上手く根付くと成長期に20㎝位伸びると聞いています。ですが、植樹から2年目の春を迎えていますが、どうもイマイチ元気がないような気がしております。寒さかな、西日かな・・。

f:id:sumikichi52:20170425082032j:plain

  

 

さて、本日の草むしりは早朝6時過ぎから一時間程度。

f:id:sumikichi52:20170425082718j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170425082715j:plain

 

f:id:sumikichi52:20170425082719j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170425082716j:plain

 

f:id:sumikichi52:20170425082720j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170425082717j:plain

劇的な変化はないようですね。一旦ここで終了しましょう。次回また。今朝も色々楽しゅうございました。本日夕方から明日にかけて雨が降ってくれるようで嬉しいです。 

sumikichi52.hatenablog.com 

日々感謝です。

我が家の庭の観察記録⑩&草むしり④

こんにちわ、SUMIKICHIです。

本日も晴れそうです。りっぱじゃないけど心躍る我が家の庭の“花が咲くまで”の観察記録⑩。今朝の様子は・・・一見、変わってないじゃんって感じでございます。それと、草むしり進捗状況④も。  

f:id:sumikichi52:20170424091528j:plain

 

【ヤマモミジ】本日も大量に開いてます

f:id:sumikichi52:20170424091541j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091544j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091542j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091543j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091540j:plain 可愛いなぁ、でも剪定必要?

 

 

 

ハナミズキ】 

f:id:sumikichi52:20170424091539j:plain 大きいもので直径6㎝位かな

f:id:sumikichi52:20170424091538j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091537j:plain

 

  

【紅色トキワマンサク】 

f:id:sumikichi52:20170424091545j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091546j:plain

力強い枝が順調に発育中。

f:id:sumikichi52:20170424091547j:plain

 

 

 

【ロドレイア】 

f:id:sumikichi52:20170424091550j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091549j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091548j:plain 上から撮ってみたけどわからないか

 

 

 

【オガタマ】 

f:id:sumikichi52:20170424091553j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091554j:plain

 

 

常緑ヤマボウシ

f:id:sumikichi52:20170424091552j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091551j:plain ぽつぽつ元気な芽もあり

 

 

【あじさいアナベル二ヶ所ともすくすくと。

f:id:sumikichi52:20170424091533j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091532j:plain

当たり前のことですが、去年秋頃ぶちぶち切った幹の横から芽が出るんですよね。

f:id:sumikichi52:20170424091531j:plain

そして、アートを見つけました。

f:id:sumikichi52:20170424091530j:plain ビーズの縁取り?

f:id:sumikichi52:20170424091529j:plain 裏側の白脈が素敵

 

 

ハクロニシキ玄関横

f:id:sumikichi52:20170424091527j:plain 薄桃色がきれい

 

 

サザンカ

f:id:sumikichi52:20170424091536j:plain しっかりした枝

 

名前は・・なんだっけ。

f:id:sumikichi52:20170424091526j:plain 枯れたと思っていたら

f:id:sumikichi52:20170424091525j:plain

 

さて、本日の草むしりは早朝6時半過ぎから一時間程度。

f:id:sumikichi52:20170424091520j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170424091516j:plain

 

f:id:sumikichi52:20170424091519j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170424091515j:plain

 

f:id:sumikichi52:20170424091517j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170424093842j:plain

 

f:id:sumikichi52:20170424091522j:plain

          ↓

f:id:sumikichi52:20170424091518j:plain

 

またまた見つけてしまいました。これって、モミジ?だとしたら、2個目。しばし様子見です。観察対象が増えました。踏まないように囲いすべし?

f:id:sumikichi52:20170424091555j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091556j:plain

そして、この雑草の名前不明ですが、ちょっと素敵かなと思い、しばし様子見。生えてる場所が離れの軒下で雰囲気も良いですし。

f:id:sumikichi52:20170424091534j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091535j:plain

楽しい朝のひととき。明日の草むしりは家裏とか見えない場所、そこで一旦終了。  

 

↓午後の景色はこんな感じです。二階から眺めると山肌が新緑のグラデーションが美しく、草むしり後の我が家も黄緑と紫色のコントラストが綺麗。いつまで楽しめるのかわりませんが、“今”、癒されております。ただの草むしり、だけど、“美しいなぁと感じるその瞬間”を求めて手で抜いているのかもしれません。多くのモノがなくても生きていけるのかもしれない、とふと思う草むしり。

f:id:sumikichi52:20170424091523j:plain

f:id:sumikichi52:20170424091524j:plain

日々感謝です。

TV番組「THEニッポン観光!進化系新名所10連発」を観て。ここでも‘BONSAI’人気。

こんにちわ、SUMIKICHIです。
先日放送されたTV番組「THEニッポン観光!進化系新名所10連発」(去年11月頃放送の再放送のよう)を観まして、東京オリンピックを意識してか、外国人向けのニッポンの進化系新名所が全国各地で発見、いえ、仕掛けがなされているのを知りました。去年日本を訪れた外国人観光客数は過去最高だったんですよね、番組で紹介された場所は外国人でいっぱいだそうですね。今、日本文化が外国人にさらに大人気のよう。世の人々はすでにご存知のことばかりでしょうけれど、完全に世間の流行から取り残されております私用にざっくり備忘録しときましょ。詳細は、番組HPをご覧になると、各場所(お店など)のHPへリンクされています。

      f:id:sumikichi52:20161203103832j:plain

 

①店内は外国人一色! 時は幕末サムライカフェ!
『士心ししん SAMURAI CAFE&BAR』・・京都市中京区
‘武士飯’といって、昔のサムライが食べたメニューを提供。昔の資料を調べて研究、坂本龍馬が好きだったしゃも鍋や西郷隆盛が食べたごった煮などが人気。そして、もうひとつ人気なのが、月一で行われるサムライパフォーマンス‘神剣’。

 

      f:id:sumikichi52:20170423200303j:plain

②世界が認めた日本の美!“BONSAI”の仕掛け人!
『苔聖園(たいしょうえん)』・・静岡市駿河区
15年前から研修生を受け入れており、90%以上が外国人。38歳の園長さんは盆栽世界大会でパフォーマンスをしPR。ここでレポーターが盆栽体験。まず正面を決めて、次に細くて柔らかめの枝に針金を巻いて行き、形を作る。「Eテレ オイコノミア」での体験とは若干違いますね。 

sumikichi52.hatenablog.com

盆栽は、正解、不正解ないので自由に楽しんでほしいと園長は言う。

そもそも盆栽人気の発端は、プラッツというプラモデル製作会社が実物の12分の1のとっても小さな盆栽プラモデル(たった5分で作れる)を発売したところ外国人にバカ売れした、というのもあるのでは、とこの番組では紹介。

 

                    f:id:sumikichi52:20161203103829j:plain


オバマ元大統領訪問で世界が注目!名物グルメの意外な仕掛け!
『お好み村』・・広島市中区
27軒のお好み焼き屋さんが出店しているビル。ここの村長さん(82歳男性)は、外国人観光客の倍増によりお好み焼き用語の英会話DVDを作成して、各店舗に配布。各店長さんはお好み焼きを提供しながら、異文化コミュニケーションも楽しんでいる。

                     f:id:sumikichi52:20170423200301j:plain


④外国人宿泊率95%!驚きの客室とは!?
パークホテル東京』・・東京都港区
31階の特別フロアにある29室すべて、部屋の壁いっぱいに‘城’‘芸者金魚’‘桜’‘おたふく’など日本文化をモチーフにした現代的なアートが描かれている。アーティストルームとして、現在活躍中のアーティストによる演出。アートでおもてなし。

 

                        f:id:sumikichi52:20170423200308j:plain

⑤『錦市場にしきいちば ・立ち呑み 賀花』・・京都市中京区
市場全体、商品の陳列に工夫していたり、ある漬物店では、漬物×日本酒×立ち呑みをテーマにした京風パルがあり繁盛。また、グレープフルーツの外側を残して、中を機械で撹拌しジュースにして飲める商品も好評。ストローを二本さしてカップルで飲んでみたりして。

 

⑥雪山に外国人殺到!人気アイドルの正体とは!?
地獄谷野猿公苑』・・長野県下高井郡
雪山の道を何十分もかけて歩き、行きついた野外温泉に野生の猿が入浴。その姿を一目見に外国人が大勢訪れる。外国では
野生の猿を見ることが無く、雪の中の猿は唯一日本で見ることができる。‘スノーモンキー’と言われている。

       f:id:sumikichi52:20170216082134j:plain

 

⑦世界が注目!“FAKE FOOD”!進化系食品サンプル
『FAKE FOOD HATANAKA』・・埼玉県所沢市
お店でよく見るメニューサンプル。今は、寿司イヤリングやカレーネックレスなどフェイクフードアクセサリーとしてイタリアミラノなど海外のアート展にも出品されるほど。もはや芸術で、外国人に大人気。

       f:id:sumikichi52:20170423200300j:plain


⑧外国人が2時間待ち!SNSで拡散した人気店!
『極味きわみや 福岡パルコ店』・・福岡市中央区天神
お店の前には行列が出来、120分待ちということもある。ほとんどが韓国人。黒毛和牛ハンバーグステーキの進化系で、運ばれてきて自分で焼いて食べるというもの。韓国はSNSが発達していて、ブロガーにお店情報を載せてもらったところ一挙に拡散。

 

       f:id:sumikichi52:20170423200306j:plain

⑨アロイアローイ!タイ人がハマる味覚狩り!
『ドラゴンファーム』・・千葉市若葉区
いちご栽培農家さんが外国人向けにフェイスブック上で英語で情報発信したところ、いちご好きのタイ人にヒット。タイのいちごは品種が少なくて硬いので、15種類の品種もあり、しかも大きくて柔らかい日本のいちごは大人気。

 

       f:id:sumikichi52:20170423200307j:plain

⑩日本から世界へ!ラーメン学校とは!?
『宮島みやじまラーメンスクール』・・大阪府東大阪市
一週間マンツーマンで、製麺から湯切り、経営方法まで教える。これまでの卒業生約1,000人のうち400人が外国人で全世界に散らばっている。

 

      f:id:sumikichi52:20170423200304j:plain

 

‘BONSAI’は本当に人気なんですね。しかも、日本人レポーターが外国人研修生に教えてもらうという映像が笑えました。日本人として日本にいると、当たり前に思って気づかない事多しでございます。日本の伝統美は美しくて、貴重で継承すべきものとわかってはいるのですが。ホテルの一室にド派手な現代風アレンジの絵を見ますと、外国人と日本人の感性の違いがはっきりわかりますね。日本人としても、私位の昭和の人間と若者との感性の違いも。外国人のみなさんに日本の伝統文化を楽しんでもらえて嬉しいとは思いますが、何だかちょっと不安な気持ちもあったりします。崩し過ぎないで古典的な‘型’そのものもつないでもらえたらなと。あっ、これは、継承してくれる日本の若者のみなさんへのお願いになるのかな。私は何も関わっていませんし、引き継ぐものはゼロの外野にいるので生意気を言える権利はないんですけれど、‘崩す’って、‘壊す’って、もとのものがしっかりあってこそだと思うのです。すぐ思いつくことでいえば、「落語」。噺家さん百人いたら誰か一人はどんなに旧くなろうとも「古典落語」を残していってほしいななんて。

       f:id:sumikichi52:20170423200309j:plain

話がソレました。外国人の人数によって日本文化が測られるなんて、良いことなのかどうなのか、時代の流れ、世界の動きは早いですね、英会話できません!っていつまでも抵抗していたら社会に居られなくなるなぁ。さらに、今更ですが、SNS効果を再確認いたしました。面白いなぁと思うと同時にちょっぴり考えてしまった番組でございました。

 

       f:id:sumikichi52:20170423200304j:plain

日々感謝です。