読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

これって、NHK連続ドラマ「火花」の影響?「笑×演」番組

こんにちわ、SUMIKICHIです。
現在放送中のNHK連続ドラマ「火花」を毎週観ております。売れない若手芸人と天才肌の先輩芸人との魂の交流の軌跡を描き、芥川賞を受賞した又吉直樹さんのベストセラー小説「火花」。

       f:id:sumikichi52:20170403115554j:plain

小説の世界観(特に芸人役の俳優選び?)を映像で描けるのかなと半ば期待せず、観始めましたが、結構ハマってきますね。青春ロードムービー風なのかな、ちょっともったりするところもありますけど。林遣都さんや波岡一喜さんが、俳優が演じている芸人さんからだんだんそのものに見えてきてます。

トーク番組などで、林さんがすごく真剣に取り組んでらっしゃるのを聞くと、なるほど、あの劇中の漫才シーンはそうやって成り立ってるのね、と感心いたします。料金を頂いてプロとして舞台に立つ漫才ってそう簡単に出来るものではないですもんね、しかも、裏でこんなに頑張ってるんです!ってところはカットですし。

林さんは、正統派の美男子なのに派手さがなく地味な感じだと私は思ってましたが、民放ドラマ「異常犯罪捜査官」あたりから、あら?なんだか役者さんの顔になって行ってらっしゃる?と見方が変わってたんですよね。ドラマの内容は、小説を読んでいるのでだいだい想像はつきますし細かい所は割愛しましょ。ただ、毎回、せつない気分にはさせられます。

          f:id:sumikichi52:20170329193228j:plain

それはさておき、本題に入りましょ。
数日前、民放深夜枠で放送された、芸人さんがネタを書き、役者さんが演じるという画期的?なバラェティ番組についてです。100人の観客投票で面白かったコンビが決定。笑いのプロ・芸人と演技のプロ・役者、一体どんな化学変化が起こるのかというネタ番組

出演者4組の組み合わせは下記の通り。お顔はよく拝見してると思います。
  【ネタ書き】            【演者の役者】
  ナイツ・塙さん      ×  渡辺哲さん&不破万作さん
  ハライチ・岩井さん    ×  池田鉄平さん&迫田孝也さん
  ニッチェさん       ×  西尾まりさん&松井玲奈さん
  さらば青春の光・森田さん ×       前川泰之さん&木村了さん

死ぬまでに一度でいいから漫才をしたい、Mー1地方予選会の舞台に立ちたい(参加日払えば誰でも参加OK、但しひやかし程度なら周囲からヒンシュク買う)と勝手に思っている私としましては、深夜枠といえども興味津々。何か笑いのヒントにと思い録画いたしました。

興味深かったのは、尺は短いのですがハライチさんチームの顔合わせ時や練習風景。最初は台本がちょっと意味不明なので、役者さんはポカンとされてました。今回は漫才ではなくコント。そうでしょうね、漫才は短時間ではきついかも。岩井さんの演技指導が細かくて面白いです。
「この(相方の)リズムだと台詞が埋もれがちなので、
   ‘メンタルボロボロじゃないか!’ の‘メ’を立たせてほしい」
トーンを多少憂いを帯びた感じで、でも、声は張って言ってほしい」
「虚ろにハイトーンで」などなど
ご自身でも劇団をお持ちで脚本も書かれる池田さんは、「独特の世界観!初めて受けた演出ですねー」と驚嘆のまなざし。しかし、そこはお二人とも活躍中の役者さん。岩井さんは「演じる力が半端ない!」と大満足のご様子。

他にも、ニッチェさんと組んだ西尾さんは、さすが役者さん、「この役の背景は?」って質問し演技プランを練ろうとすると、ニッチェさんたちは「いや・・わたしら、勢いでやるタイプなんで、それはいにらないかなと・・」と早くも芸人と役者の取り組み方の違いが露呈。

また、さらばチームは、木村さんの演技が凄過ぎると森田さんが大絶賛、前川さんのツッコミが鍵を握るとのこと。

ナイツチームは、もはやいぶし銀の味としか言いようがないほど、お二人の立ち姿だけで笑えます、いえ、決してバカにしているのではございませんから。

投票結果で一番面白かったのは、ハライチチーム。なるほど、お客様もちゃんと観てらっしゃいますね。よーく見ていると、すっごく難しいことをやってらっしゃいました、そういえば。リズムネタに絶妙なタイミングでツッコミを入れるのはかなり練習されたのだなとお見受けします。

よくわからないんですけど、やはり、芸人さんの漫才とかコント、具体的には“間”かな、それって、役者さんがやる“間”とは違いますよね。同じ台本でもです。何なんでしょうね。気持ち、かな。その立ち位置の背景、歴史とかかな。うーん、舞台から観客を見渡す“目”が違うような気がします。“目つき”“目力”。芝居では、役の目、漫才では自身の目。いえ、どちらも職業として演じてらっしゃるんですけどね。上手く表現できずすみません。うーん、私にネタが書ける日は訪れるのでしょうか。また神頼み?他力本願?目指せ“わたしワールド”!!

話がソレました。で、この番組を拝見してまして、ふと「火花」を思い出したのです。林さんと波岡さんが結構頑張ってらっしゃるのでこんな番組制作したのかなと。そんなわけないか。でも、最近、深夜帯でコアな音楽ネタ番組もポツポツあり、曲の作り方などを紹介していたりするので、いつか漫才ネタの作り方とかやってくれる番組ができたら嬉しいです!ネット検索したらたくさんあるんでしょうけどね。

         f:id:sumikichi52:20170329193214j:plain

日々感謝です。