読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

演劇公演本番まで一週間をきりました!が・・・。

ずっとやりたかったコト 日々のコト 演劇

こんにちわ、SUMIKICHIです。

私の演劇活動、地味に進んでおりまして、全員なんとか台本を手離して立稽古できるまでになりました。

f:id:sumikichi52:20170306091449j:plain f:id:sumikichi52:20170306091451j:plain

ここまできたら、雰囲気でも良いのでとにかく芝居を途中で止めないように台詞を出せ、と団長のお達し通り、台本そのままの台詞ではなく、ちょっとアレンジしちゃってる感あり。私、過去、本番でひとつ台詞を飛ばした経験があり、そのトラウマを乗り越えるのに必死。

        f:id:sumikichi52:20170306091450j:plain

上手くいかなくていちいちダメだしされる練習の日々。なんで私ばかり?みんなも台詞覚えてないじゃん、私は間違えるけどみんなより覚えてまっせ!来年はもう参加しないぞ!(その方が団長大喜び?あっ、仲が悪いわけではなく、同級生なので言いやすいのかな)とずっとモヤモヤに囚われたりして、この気分をどうやって解消すればいい?逃げ道は?なんてことを考えてましたら、ふと、ん?私は何か勘違いしてやしませんか?演劇活動は自分が楽しいだけの場ではなく、観客のみなさんのためでもあるんだよね、いちいちいわれのないダメだしされて気分が悪いなら、有無を言わせないように完璧なまでの仕上がりにすればいいんじゃござんせんか?ウジウジする間があったら、100万回台本読んで自主練なさいまし、結局自分自身の問題でしょ、ということに今更ながら気づいたのでございます。当たり前のことなのにね。

        f:id:sumikichi52:20170306091444j:plain

ちょっと気を持ち直したところで、昨日は本番の会場(公民館の多目的ホール)が使用できるということで第一リハがございました。初めて全員揃いました。凄いでしょ、一週間前なのに。

f:id:sumikichi52:20170306091439j:plain f:id:sumikichi52:20170306091438j:plain

f:id:sumikichi52:20170306091441j:plain f:id:sumikichi52:20170306091440j:plain

f:id:sumikichi52:20170306091443j:plain f:id:sumikichi52:20170306091448j:plain

衣装や小物、照明位置、暗転・BGMのタイミング諸々の確認しつつ、通し練習。私、一発屋気質で繰り返して練習するとだんだん集中力がだだ下がりになるものですから(言い訳)、台詞を作り変えてしまいました。「大船に乗ったつもりで」を「道頓堀に乗った・・」に、直前の台詞にあったものでして・・これだからダメだしされるんですよね、とほほ。自身のダメダメさにうんざりでございましたが、昨日は地元で活躍されてるソプラノ歌手さんの歌声が何回も聴けて良かったです。

f:id:sumikichi52:20170306091445j:plain f:id:sumikichi52:20170306091447j:plain

本番では、劇中3曲用意されております。無料公演なのに、素敵な歌声が聴けてお客様はラッキーでございます。

舞台って・・一瞬、魔がさす?違うな、現実にもどる?雑念がよぎる?、つまり、集中力が一瞬途切れる時があるんですよね、意図せず、突然に、思わぬところで、それまで出来てたのに。練習が足りてない、役がなじんでない、表層的・・というだけなのでしょうけれど。怖い・・ホントに怖いのです。公民館レベルでこれなのですから、プロの俳優さんたちが舞台に立ってらっしゃる姿を拝見するとそれだけで感服いたします。

基本立ち返って、残り少ない練習時間で出来ることをやりましょ。

f:id:sumikichi52:20170306091446j:plain

日々感謝です。