読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

ローカル特番「カープ新たな伝説へ!日本シリーズ前夜祭SP」で予習してみた。

こんにちわ、SUMIKICHIです。

只今、あいにくの雨。今夜のプロ野球日本シリーズは決行なのでしょうか。
それは置いといて、野球を100倍楽しく観るために先日Eテレ「オイコノミア」を視聴しましたが、 

sumikichi52.hatenablog.com 

引き続き、先程ローカル特番「カープ新たな伝説へ!日本シリーズ前夜祭SP」の録画視聴をいたしまして、すっごくわかりやすくて、すっごく試合が楽しみになりました。世間では様々な記事があり、わけわからなくなりそうですので、情報元を一本に絞った次第です。


番組は昨日の夜に生放送されたもので、スタジオにはゲストとして局担当の野球解説者で、あの面白すぎる達川光男さんと同じく解説者でもとピッチャーの山内泰幸さん、そして「めざましテレビ」MCの三宅正浩アナが出演されていました。

日本ハムファイターズを徹底分析コーナーでは、もとピッチャーで番組解説者の健山義政さんがVTR内で次のように話していました。
◆若くて勢いのあるチーム。打率が高い選手が多いほか、犠打やスクイズなど足を絡めた攻撃など、バリエーションが多い。西川遥輝選手は出塁率89.1%、中島卓也選手は犠打62、で塁に出れば必ず走る。
◆二刀流の大谷翔平選手。バッティング練習を見ても、飛距離のレベルが違う。投手として出た時は、打順を何番にするかが大切で、投手として打席に立てばファイターズの打線の厚みが増す。

よって、全試合最後までもつれるとは思うが、4対3でファイターズの勝利と予想。

カープの注目選手は、鈴木誠也選手。配球を読んで狙い球を絞るというよりは、どのボールにも対応出来る打ち方なので、パ・リーグの投手の速い球も打てる、これが発揮出来れば3対4の可能性もある、両チームのチーム力が似ているので、とにかく見応えのあるシリーズになることは間違いないとのこと。

このVTRの後、達川さんが解説者の予想の仕方に感心されていました。「なるほどのぅー、4対3!とゆーといて、こういう場合もあったら3対4も・・みたいな上手い表現するのー。勉強になるのー。な、山内。」と隣の解説者に同意を求めていらっしゃいました。ポイント、そこですか?

 

続いて、大谷選手以外のファイターズの注目選手の紹介。
パ・リーグ本塁打王のレアード。セ・リーグのピッチャーは勝負を避けるイメージ。あんまりストライクゾーンで勝負しない。なので、しっかりボールを見てストライクしか振らないようにアプローチしている、と話し(訳だけど)、最後に“寿司ボーイ”という単語で締めくくっていた。お決まり?
◆ピッチャーの有原航平選手。今季11勝。広島出身。カープの打順1・2・3番の出塁率高く、田中選手には注意。過去1回打たれている鈴木選手と対戦したい。地元の皆さんに成長した姿を見てもらいたい、と話す。
中島卓也選手。前述にも出てきたが、犠打の成功率100%で、しかもファウルを打つ、759ファウルも打ち、とにかく粘る選手なのでカープも手こずるはずだ。

全く存じ上げていない私には本当に有難い説明です。ここまでで、あの「オイコノミア」を観ていたおかげでアレルギー反応も出ず順調に頭に入ってきます。

 

続いて、いよいよ、達川さんのコーナー(まっ、ここまでもスタジオは大賑わいですけど)『たっちゃんが断言!カープは必ず日本一になる』。

まず、冒頭に「大谷選手はジョンソンを100%打てない」と断言。
◆ファイターズは緩急に弱い!緩い縦のカーブに弱い。岡田投手、野村投手、ジョンソンは投げれる。と言い放つ達川さんですが、ぼそっと、まぁ緩急はどこのチームも弱いんじゃがね、少年野球から高校野球まで、どこもじゃけどね、とおっしゃてました。なんじゃそりゃ。
◆ファイターズは屋外が苦手、寒いのが苦手。ドームは21℃に保たれているからだ。マツダスタジアムは、今夜寒いだろうし、雨も降ったままかもしれないし、天然芝だし、カープに有利。ファンには申し訳ないが、これもカープが勝つためじゃけ、しょうがないんよ、と悲しげにおっしゃっていました。
◆投手・大谷選手の弱点は、広角打法の左バッター。コンパクトに打つのに弱い、小柄なバッターに弱い。速い球は腰を効かせて軽く打つのが良い、大きく速く振ろうとすると振り遅れる。今の田中選手だったら打てるはず。

ここで三宅アナが、大谷選手は立ち上がりが弱いから、最初に田中選手がどう出るか、打って流れを作ってくれたらみんな、あっ、いけるんじゃないの?って気持ちになる。165㌔という大谷ショックみたいなのがあって、打てねーよ、って雰囲気になってますけど、打てますから、と説明。
そして、達川さんが、早い球は全てボール球ですから、普通どおりやりぁええんよ、打てにゃしょーがない。さらに、一球目は田中に対しては、必ずまっすぐ投げてきますから。そうですか(MC突っ込み)?そりゃ、そーよ、日本シリーズのしょっぱなで、大谷がいきなりフォークやスライダーなんか投げたら、おまえー、なんやーおおたにぃー、ゆーようになるんよ、じゃけぇ、(ここから山内さんも同じふりで)大谷ストレート、田中がびしーっと・・・何だか浪花節の雰囲気が。

ここで次の進行に進めようとするMCに対して、
おーい、おまえ、今、わしが一番ええ話をしよって、一番の攻略をしよったのにぃーと笑いながらはぶてていらっしゃいました。コントかいな。

流れが戻って
◆打者・大谷の弱点は、落ちる球&インハイが苦手。左の脇の甘さ、スイングは速いけど、二刀流だからスイング量が足りてない。
◆大谷を逆シリーズ男にしろ(ここがイマイチ理解できて無い私)!まだ来ただけの球を打っている、配球が読めるだけのIDはない。逃げたらだめ、絶対攻める!

 

この後は、各ゲストの注目選手。
◆達川さん・・ジョンソン。これで勝てばあとはスッといく。
◆山内さん・・キャッチャー石原選手。1・2戦でどこまで相手の特徴を掴んでピッチャーをリードできるか。
◆三宅アナ・・自分達が塁に出れば新井さんが帰してくれるという雰囲気を作ってほしい。

 

最後に、山内さんの新井選手への独占インタビューVTR。
日本ハムの印象は?
トータル的にバランスのあるチーム。「いやらしい」というイメージがある。
大谷選手の攻略法は?
イメージできない。151㌔のフォークなんて・・漫画の世界なんで。でも、楽しみではある。ピッチャーはスピードだけじゃないんで。速くなくてもキレとか重さとかありますから。早く打席に立って体感したい。

とにかく、最後にみんなで笑顔で今シーズンを締めくくりたいとのこと。

このインタビューを収録したのは、黒田選手の引退発表前だったらしいのですが、この時はすでに知っていて黙っていたんでしょうとスタジオでは言ってました。

 

三宅アナは、阪神時代の後半を見て、新井選手がカープに戻って来たときは、もうだめかなと正直思っていたんですが、今は反省しています、自分のバカ、バカ、と話し、黒田選手の引退の事も知っていて、シリーズ前の発表をすすめたからこそ、黒田選手が会見を開き、また広島全体が盛り上がって・・一時大谷の165㌔におののいていた雰囲気でしたが、黒田選手が身を削って流れを変えたんだと力強くおっしゃっていました。

 

だだぁーと書き連ねましたので、わかり辛い点多々ございます事お許し下さいませ。観て良かったとホントに思います。今夜の日本シリーズ第一戦。大谷選手の第一投の球種は?田中選手はどう対抗?まだまだ未熟者ですが、これまでとは違う自分でテレビ観戦できることを幸せに感じます。有難う、「オイコノミア」「日本シリーズ前夜祭」!
日々感謝です。