読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も、生涯の一日なり

自分軸で生きると決め早期退職した50代独女のつぶやき

中島みゆき『命の別名』&『世情』、ギター伴奏で初練習!

こんにちわ、SUMIKICHIです。

昨日、突然降って湧いたライブ飛び入り参加のための歌の練習に行ってまいりました。事の成り行きは、先日アップした記事に綴っていますので割愛いたします。

 

sumikichi52.hatenablog.com

 
ギター伴奏して下さるM氏のお宅まで車で約50分。思いつきの手作りメッセージカードを貼った手土産を車に乗せて出発。

f:id:sumikichi52:20160916082832j:plainf:id:sumikichi52:20160916082834j:plainf:id:sumikichi52:20160916082833j:plain

私の住まいも山、川、畑に囲まれていますが、さらに広い田園風景の中を走るのでちょっとしたドライブです。写真があるということは、そうです、いちいち駐車して撮ったんですねぇ。早く行きなさいって。

f:id:sumikichi52:20160916082831j:plainf:id:sumikichi52:20160916082835j:plain

f:id:sumikichi52:20160916082824j:plain

途中山間の川沿いを走りますが、奥に入ると川岩がごつごつ大きくなりますね、当たり前か。

f:id:sumikichi52:20160916082830j:plainf:id:sumikichi52:20160916082829j:plain


到着してからは、奥様のSさんに一時間半も全身マッサージをして頂きましたら、身体がほぐれてふにゃふにゃになりました。この全身が軽くなった状態が良いのでしょう、歌の練習時に効いてました、発声が楽。

練習の前に、Sさんの手料理をご馳走になりました。庭の畑で育てたかぼちゃと玉ねぎが入ったスープで素材の味を大切にした味付けで、Sさんの人柄同様優しい味がして、なんと御代わりしてしまいました。虫食いは気にならないので農薬は一切使わないから安心して食べれるのが自家菜園のメリット、今年は玉ねぎの価格が高騰しているので有難い、一番は手塩にかけて育てた野菜を収穫できることに感謝、とのこと。

f:id:sumikichi52:20160916082826j:plainf:id:sumikichi52:20160916082827j:plain

 

さてさて、本題の歌『命の別名』&『世情』の練習。丁度良いタイミングで防音カーテンを購入されており、これは優れものですね、三割は大きな音がカットされてる気がしました。S氏は定年まで公務員でしたが、若い頃からギターを弾き人前で演奏もしていらっしゃるので、部屋に楽譜台もありました。そんなに感心することでもないのかな。

f:id:sumikichi52:20160916082828j:plainf:id:sumikichi52:20160916082822j:plain


S氏は、5年前位に、大事な左指一本の第一関節を怪我されて弾けない状態になり、一時はギターを諦めようと落ち込んだそうですが、どうしても諦めきれずダメもとで情報収集し、指の補助器具のようなものを探して弾けるようにしたそうです。現在は三割程度の演奏しか出来ないそうですが、定期的にカントリーライブに参加して音楽を楽しんでいらっしゃいます。

f:id:sumikichi52:20160916082825j:plain

そんな大変な状態ですのに、単なる私の個人的な願いを叶えようとして下さるのですから、私も口にした事は内心自信が無くても、恥ずかしくても今の自分のレベルで歌おうと思います。ですから、この日の練習(というよりどこ削る?みたいな打合せかな)は騒音と言われる覚悟で結構大きめな声を出しちゃいました。ギターにキーとリズムを合わせるのが精一杯で歌詞の意味とか感情とかまで表現する余裕は無かったですね。そもそもプロじゃないし。S氏は私のやりやすいように合わせたり、盛り上げて下さったりで有難いことです。また、暗譜したつもりなのに、人前で歌うと歌詞が飛んじゃってがっかり。Sさんは、いつも楽譜見ながらやってるよ、いいよ、いいよ、気楽なライブ(もどき)前座で練習の場みたいなもんだから、とおっしゃったので甘えることにしました。

他は、ライブ小屋のマイクを使うとどんな感じなのか、どの程度の声量がいいのか全くわからないので、当日早めに行って音合わせ。なんて大雑把な練習なのでしょう。私にはこんなゆる〜い感じが性に合っております。あと3日で出来ること、自分なりのリズムを安定させること、歌う(声を出す)こと、そんな基本的なことを途切れないようにやっておこう。よし。

それにしても、久々に心からうきうきした時を過ごせました。ただギターの音色を聴かせて頂くだけでほんわかした気持ちになりまして、いいですよねぇ、楽器、音楽。女子会も癒されますが、会話するだけではなく、好きなコトに全身使って夢中になる時間を生きるのが私の早期退職の主な理由ですので、これでひとつ“達成”はんこが押せました。自分ひとりでは無理です。引き籠ってばかりではいけませんね。あらためて思いました。

 

sumikichi52.hatenablog.com

 

ちなみに、島のライブ小屋のマスターはS氏のもと同僚で、若かりし頃プロのミュージシャンを目指していたほど音楽、特にフォーク大好き人間のようで、今回S氏が中島みゆきの歌を歌いたい人がいると話したら「中島みゆきだったら僕の範疇なんで弾こうか」と言ってたから、ちょくちょく島に行って弾いてもらったらいいかもよ、と教えてくれました。私、すぐ真に受けるんですけどぉー、『神田川』とか『いちご白書をもう一度』なんかも弾いてくんないかなぁー。これこれ、くれくれタコラはいけませぬ(古っ)、利益だけ求めちゃだめ。けど、行っちゃうかも。

何はさておき、骨をおって下さったS氏のためにも19日のライブ(前座)を完遂させるぞ!話はそれからだ!でございます。

日々感謝です。